■宝塚記念を攻略するツボ■

今年のG1は10レースが行われて、そのうちの8レースは「推定後半3ハロン」の上位2頭が馬券絡み。天皇賞(春)のカレンミロティック、ヴィクトリアMのケイアイエレガント、ミナレット、ダービーのサトノラーゼン、安田記念のクラレントなど、2着&3着に「推定前半3ハロン」の1頭が残るのが、G1ではよくあるパターンといえる。

フェブラリーSの「推定3ハロン」
3f_11

高松宮記念の「推定3ハロン」
3f_7

桜花賞の「推定3ハロン」
3f_12

皐月賞の「推定3ハロン」
3f_16

天皇賞(春)の「推定3ハロン」
K11

NHKマイルCの「推定3ハロン」
3f_14

ヴィクトリアMの「推定3ハロン」
3f_16

オークスの「推定3ハロン」
11_2

ダービーの「推定3ハロン」
3f

安田記念の「推定3ハロン」
3f
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

馬券の方はフェブラリーS、皐月賞、天皇賞(春)、ダービー、安田記念の5レースが的中して、的中率は50%。基本的には「推定後半3ハロン」重視でよい。

★フェブラリーSの馬連+3連複★
2811_2
馬連 15.7×2000円=3万1400円
3連複 30.6×500円=1万5300円
購入4万2000円 払戻4万6700円

★皐月賞の単勝+馬連+3連複+3連単★
3811
単勝 4.6×1万円=4万6000円
馬連 7.9×5000円=3万9500円
3連複 31.1×1500円=4万6650円
3連単 123.6×500円=6万1800円
購入3万6000円 払戻19万3950円

★天皇賞(春)の3連複5万馬券★
3411
3連複 571.6×500円=28万5800円
購入5万6000円 払戻28万5800円

★ダービーの3連複★
21210
3連複 39.5×2000円=7万9000円
購入6万5000円 払戻7万9000円

★安田記念の単勝+3連複4万馬券★
3211
単勝 3.7×1万円=3万7000円
3連複 406.9×500円=20万3450円
購入5万2500円 払戻24万450円


さて、春最後のG1「宝塚記念」を巧く仕留めたい。

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の前半3ハロンの平均が34秒8と中距離戦にしてはかなり速く、その結果として「上がり最速馬」が4勝をおさめている。 梅雨の時期で馬場も荒れやすく、差し&追い込み馬の好走が目立つ。

過去5年で「上がり最速馬」が4勝
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

断然の主役は史上初の同一G1・3連覇の偉業を狙う15番ゴールドシップ。3度目の挑戦で天皇賞(春)を制覇。向正面から動いて、最後まで後続を寄せつけなかった。

前走のレース内容
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

スタミナがあるので、坂のある阪神は大得意。

レース特記=「スタミ○」
2_2
特記内容説明ページ

実際、阪神は7戦6勝、2着1回とパーフェクト連対。3連覇の偉業を達成する可能性は十分。あとは配当次第か。

「コース実績」=【6・1・0・0】
2_4

11番ヌーヴォレコルトは1人気のヴィクトリアMで6着と敗退。ただし、オークスを勝っている通り、スタミナタイプなので、マイルの距離が短かった。2200mの方がレースはし易い。

レース特記=「距離短」
3

15番ラブリーデイは行きたがる面があるので、阪神大賞典、天皇賞(春)は3000m超えの距離が長かった。

レース特記=「距離長」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

鳴尾記念勝ちを含めて、今季は中距離重賞を3勝。2200m戦なら「ハイブリッド指数」《70》超えをマークできる。単勝10倍超えは人気がなさ過ぎか。

「ハイブリッド指数」=《72》
4_3

7番ワンアンドオンリーは菊花賞、有馬記念は大敗も、ドバイシーマCで3着と健闘。海外遠征帰りの今回は仕上がりがポイント。【直前情報】も参考にしたい。

安田記念の【直前情報】
2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

5番カレンミロティックは昨年の宝塚記念、今年の天皇賞(春)で2着と好走。渋った馬場が得意ではないので、馬場が回復しそうなのは何より。ただし、7歳馬で上積みは望み薄なので、勝ち切るまでは厳しい。

馬特記=「渋馬場×」
5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番ディアデラマドレは前走のヴィクトリアMを含めて、近4戦すべて上がり最速。

近4戦すべて上がり最速

5_4

昨年のエリザベス女王杯では外を回るロスがありながら、勝ち馬ラキシスとは0秒2差の3着。「推定後半3ハロン」3位。末脚はココでも上位。

「推定後半3ハロン」3位=8番ディアデラマドレ
1

13番ラキシスは大阪杯で「ハイブリッド指数」《76》をマークして、キズナらを撃破。一戦ごとに「ハイブリッド指数」は上昇しており、5歳の今が最も充実している。

「ハイブリッド指数」=《76》
3_3

「推定後半3ハロン」1位。ダービー馬キズナを突き放した前走の末脚の再現があっても不思議ではない。

「推定後半3ハロン」1位=13番ラキシス
11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

【データパック】で分析してみても、ルメールJが「推定後半3ハロン」1位に該当すれば、連対率が非常に高い(⇒元記事はコチラから)。

「推定後半3ハロン」1位+ルメールJ
 2_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

先週のユニコーンSではノンコノユメが「推定後半3ハロン」は抜けて速く、大外一気の強襲劇がみられた。

「推定後半3ハロン」1位+ルメールJ
3f_14
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

春最後のG1は"「推定後半3ハロン」1位+ルメールJ"に賭けてみる価値はあるはず。

「推定後半3ハロン」1位+ルメールJ
2


ちなみに前日段階では15番ゴールドシップが単勝1倍台の断然人気。

この馬を本命にして馬券を購入する場合、3連単「1着固定」はリスクが大きいだけ。3連複の軸に留めた方がよい。

一方、15番ゴールドシップ以外が本命の場合、逆転を狙った馬券は少しでも押さえておきたい。人気薄を本命にして、15番ゴールドシップとの3連複2頭軸流しをした場合、人気薄の方が馬券絡みして、15番ゴールドシップが飛んで、大万馬券を獲り逃す事態は避けなければならない。

結果は → 成績新聞

Hb_14

<阪神11R宝塚記念の結果>
1着.16番ラブリーデイ   (6人気)
2着.6番デニムアンドルビー(10人気)
3着.1番ショウナンパンドラ(11人気)