■シリウスSを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「上がり最速馬」が3勝。2012年、2013年は上がり1位&2位がワンツーを決めている。キングスエンブレム、ヤマニンキングリー、ナイスミーチューが2年連続して連対しており、いずれも芝での好走実績があるのも共通点。

過去5年で「上がり最速馬」が3勝
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

単行本「京大式推定3ハロン 実践攻略データブック」の第4章の「全重賞データ分析」にあるとおり、上がりの速いタイプが優勢(後傾★★★★☆)のレース。

シリウスS(後傾★★★★☆)
1_2
単行本「京大式推定3ハロン 実践攻略データブック」

過去5年で「ハイブリッド指数」1番手が4勝。連対馬はすべて「ハイブリッド指数」5番手以内となっている。今年の「ハイブリッド指数」1番手は?

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「推定3ハロン」的には過去3年ともに「推定後半3ハロン」5位以内が2頭は馬券絡み。やや「推定後半3ハロン」が優勢ではある。

3

8番ダノンリバティは「初ダ」のレパードSで2着と好走。準オープンのBSN賞で古馬相手に勝ってオープン入り。

「ハイブリッド指数」=《69》
1_5

脚抜きのよい馬場、時計の速い決着にも対応。

レース特記=「脚抜ダ○」「時計速○」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」1番手。古馬相手でも実力は通用してよい。

「ハイブリッド指数」1番手=8番ダノンリバティ
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【HB指数ランキング】

「追切指数」「乗込指数」も古馬相手でも見劣らない。

「追切指数」2位&「乗込指数」3位
5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

3番ナムラビクターはスタミナがあって、2000mは3戦3連対と得意としている。昨年は58キロを背負って2着しているので、この斤量は克服できるはず。

「距離実績」=【2・1・0・0】
3_2

2番アウォーディーは「初ダ」のオークランドRCTを勝利。上がり最速は上がり2位に0.8秒差で抜けて速かった。

上がり最速(上がり2位に0.8秒差)
4_3

「推定後半3ハロン」は8番ダノンリバティについで2位。芝では甘さを見せていたが、ダートでは末脚は上位。

「推定後半3ハロン」2位=アウォーディー
4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

10番ランウェイワルツは1人気に指示された阿蘇Sで3着。常に末脚は上位で、相手なりには走れるタイプ。ただし、勝ち切るまでは微妙か。

「ハイブリッド指数」=《67》
5_2

12番キクノソルは勝負所でモタついたり、良い脚が少ししか使えなかったり、オープンでは力不足の感。

レース特記=「勝負モタ」「良脚少し」
6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ルメールJの腕で何処まで。

該当コース騎手成績
6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

4番ニホンピロアワーズは近走は「ハイブリッド指数」=《70》を超えず。既にピークを過ぎた感がある。

「ハイブリッド指数」=《70》以下
7_2

58.5キロのトップハンデも厳しい。

トップハンデ=赤色で表示
Photo_2

5番トウケイヘイローは近走は芝で逃げて失速するレースが続いている。

近走も芝で4角先頭
9_2

「推定前半3ハロン」1位。「初ダ」でいきなりの重賞挑戦は楽ではないが、人気薄なら押さえておいても面白い。

「初ダ」
「推定前半3ハロン」1位

7

9番マルカプレジオはオープンで近4走中、上がり最速が3回。ベテルギウスS、仁川Sで上がり最速35秒台をマークして勝利。この舞台なら重賞でも末脚は通用してよい。

近4走中、上がり最速が3回
9_3

結果は → 成績新聞

Hb_8

<阪神11Rシリウスステークスの結果>
1着.2番アウォーディー  (3人気)
2着.8番ダノンリバティ  (1人気)
3着.3番ナムラビクター  (2人気)