■紫苑Sを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

正面スタンド前からのスタート。1800mと同様、スタート直後は上り坂のため、ペースはそれほど上がらない。開催前半は先行有利。

2
単行本「京大式推定3ハロン 実践攻略データブック」の102~103ページ

今回のメンバーは500万条件&1000万条件の格上挑戦の馬が多く、レベルは高くはない。

「挑」=格上挑戦マーク
1_2

12番テンダリーヴォイスはフェアリーSで上がり最速、アネモネSで上がり3位をマーク。

フェアリーSで上がり最速、アネモネSで上がり3位
2_2

「推定後半3ハロン」1位。大外から豪快に突き抜けるシーンも想定しておきたい。

「推定後半3ハロン」1位
3_2

15番カンデラはダートで4戦続けて4角先頭。芝でもダッシュ力は通用する。

ダートで4戦続けて4角先頭
4_3

2番アースライズはオークス4着の実績は上位。春の時点で「ハイブリッド指数」《57》《56》なら上々。

「ハイブリッド指数」=《57》《56》
5_2

ただし、前走も掛り気味になるなど、レースぶりが幼い。あまり人気するのは微妙かもしれない。

レース特記=「手前替×」「内もたれ」「掛り気味」
9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番レトロクラシックは「推定後半3ハロン」3位。人気薄なら妙味アリ。

「推定後半3ハロン」3位
7

「追切指数」1位、「乗込指数」3位と調教でも動いている。2連勝中の13番ホワイトエレガンスも「追切指数」「乗込指数」ともに2位と高い。

調教ベスト3
8

1番ノットフォーマルは今年初戦のフェアリーSを逃げ切って初重賞制覇。その後の桜花賞、オークス、クイーンSともに4角2番手以内。

近走はすべて4角2番手以内
6

「推定前半3ハロン」1位。先手を奪いやすい最内枠を引け たのは大きい。開幕週の絶好馬場も向くはず。

「推定前半3ハロン」1位=1番ノットフォーマル
11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

中山の芝2000mの「推定前半3ハロン」1位は単勝回収率104%。直線が短い中山コースだから、「4角先頭馬」に有利な舞台といえる。

4
単行本「京大式推定3ハロン 実践攻略データブック」の114~115ページ

結果は → 成績新聞

Hb_8

<中山11R紫苑ステークスの結果>
1着.10番クインズミラーグロ(8人気)
2着.13番ホワイトエレガンス(5人気)
3着.6番エバーシャルマン (6人気)