■シンザン記念を攻略するツボ■

1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

13年エーシントップ、14年ミッキーアイルと2年続けて「4角先頭馬」が勝利。過去5年の勝ち馬はすべて4角4番手以内。前半3ハロンの平均が35秒1とマイル戦としてはペースが遅く、逃げ&先行勢が圧倒している。

過去5年の勝ち馬はすべて4角4番手以内
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

12番ナヴィオンはデイリー杯2歳Sで上がり2位をマークして3着に好走。

デイリー杯2歳Sで上がり2位
2_3

ただし、そのデイリー杯2歳Sで行きたがる面を見せたので、折り合い面の不安が残る。今回のメンバーならチャンスは大きいので、あとは人気次第か。

レース特記=「行たがる」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番ダッシングブレイズは初戦のレースラップのラスト2Fが10.7秒-11.0秒、2戦目のこうやまき賞が11.5秒-11.4秒。レースラップのラスト1F11秒台はかなり優秀。

レースラップのラスト2F10.7秒-11.0秒、2F11.5秒-11.4秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

この2戦でいずれも上がり最速をマークは高く評価できる。かなりの瞬発力を秘めているはず。

2走続けて上がり最速
3_4

「推定後半3ハロン」1位。まとめて差し切るだけの瞬発力は秘めているはず。

「推定後半3ハロン」1位=10番ダッシングブレイズ
2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

9番グァンチャーレは東京スポーツ杯2歳Sは勝ち馬と0.3秒差の7着と健闘。ゴール前まで前が壁でほとんど追えなかったので、まともなら勝ち負けに加わっていたはず。

レース特記=「ゴチャ」「Rせず」
レース内容=「直線壁でほとんど追えずに。」

2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

デビュー3戦続けて上がり最速をマーク。特にレコード決着のいちょうSでの上がり最速は高く評価できる。

いちょうSで上がり最速
4_2

「推定前半3ハロン」4位、「推定後半3ハロン」4位。有力馬の中で先行力があるのは大きな武器となるはず。「追切指数」も《46》と高く、仕上げもよい。

「推定前半3ハロン」4位&「推定後半3ハロン」4位
「追切指数」=《46》

3

2番サトノフラムは初戦が阪神のマイル戦を2馬身差の快勝だが、その後のいちょうS10着、千両賞9着は物足りない内容。「ハイブリッド指数」は《40》で停滞しており、一変まではかもしれない。

「ハイブリッド指数」=《40》で停滞
6

8番ヤマニンマンドールは前走は前半かなり押さえ込んだため、4角まで行きたがった。後方のポジションとはいえ、脚が溜まっておらず、全くの参考外のレース。

レース特記=「スム欠く」「行たがる」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

初勝利をあげた2戦目の上がりがメンバー最速の33.9秒。上がり2位に0.9秒差で断トツだから、かなりの瞬発力を秘めているはず。 折り合いさえつけば、2走前の末脚が発揮できてよい。

上がり最速(上がり2位に0.9秒差)
5

昨年の「ハイブリッド指数」はミッキーアイル、ウインフルブルームの2頭が《50》超えで抜けていた。

昨年は「ハイブリッド指数」的にハイレベル
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

ハイレベルの一戦だから紛れが少なく、3連複「970円」の安い配当ながらも、2点で獲れたので儲けは大きかった。

Photo_2
購入1万6000円 払戻8万7300円

ただし、今年は「基準ハイブリッド指数」を超える馬がおらず、500万条件並みの低レベルな一戦。昨年のようには堅い決着とならないか。あまり点数は絞らない方がよいかもしれない。

今年は「ハイブリッド指数」的に低レベル
4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Hb_5

<京都11Rシンザン記念の結果>
1着.9番グァンチャーレ  (2人気)
2着.11番ロードフェリーチェ(9人気)
3着.12番ナヴィオン    (3人気)