■シルクロードSを攻略するツボ■

明日の京都で行われる「シルクロードS」を分析。

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

芝の「推定前半3ハロン」1位は1800m以下でほぼ単勝回収率100%を超えている。特に1200mは単勝回収率 217%、複勝回収率171%、複勝率45%とかなり高い。ペース次第ではバテテ大敗もあり得るが、最短距離を立ち回れるアドバンテージの大きさを表している。

京都競馬場の「推定3ハロン」1位の成績
Kyoto
新書「京大式・推定3ハロンEX」より

9番エイシンブルズアイは淀短距離Sを快勝。近走は京都1200mで安定して、上がり33秒台の末脚を発揮。明け4歳馬で成長の余地も大きい。

京都1200mで上がり33秒台を連発
1_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

前走から1キロ増のハンデ56キロを加味すれば、「ハイブリッド指数」は3番手止まり。チャンスのある1頭には違いないが、実力が抜けているという訳でもない。

「ハイブリッド指数」3番手=9番エイシンブルズアイ
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【HB指数ランキング】

14番ベルカントはスプリンターズで5着と健闘。ダッシュ力があるので、1200m戦の方が向いているはず。

馬特記=「二脚速い」
2_6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番サドンストームも近走は京都で3走連続して「ハイブリッド指数」《65》、上がり2位33秒台をマーク。前走から1キロ減のハンデ56キロは有利に写る。

「ハイブリッド指数」=《65》
上がり2位33秒台

3

1番ヘニーハウンドは2走前のオパールSの上がり最速33.0秒が強烈。ハマれば突き抜けるだけの末脚は秘めている。

オパールSで上がり最速33.0秒
4

11番ルナフォンターナは軽い芝が得意で、重馬場&荒れ馬場では能力が半減。週末の雨で馬場が渋っている今回は微妙。

レース特記=「荒馬場△」「芝軽い○」「渋馬場×」
3_6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番アンバルブライベンは近11走で先手を奪えなかったのは昨年のオーシャンS(16着)のみ。近4走もすべて4角先頭で立ち回っており、現役屈指のダッシュ力を誇っているのは間違いない。

近4走もすべて4角先頭
5

今回も「推定前半3ハロン」1位に該当。この馬のダッシュ力が最も速い。

「推定前半3ハロン」1位=3番アンバルブライベン

2

近2走ともに「推定前半3ハロン」1位に該当して、実際も逃げ粘って好走。今回も自分の型に持ち込むのみ。

2走前・京阪杯の「推定3ハロン」
1

前走・淀短距離Sの「推定3ハロン」
3f_7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

「推定前半3ハロン」2位の6番ブルーストーンは芝替わりで一変を警戒。4位の14番ベルカント、5位の13番ホウライアキコは距離短縮も魅力。

11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

昨年は「推定前半3ハロン」1位のレディオブオペラ、「推定後半3ハロン」1位のストレイトガールの人気の1枠2頭で決着して、3着に「推定前半3ハロン」3位で13人気のリトルゲルダが入って、3連複「8870円」の中波乱の決着。

★3連複ほぼ4点★
2211
3連複 88.7×2000円=17万7400円
購入1万5000円 払戻17万7400円

今年も波乱演出なら人気薄の「推定前半3ハロン」上位馬か。

昨年は「推定前半3ハロン」3位=6番リトルゲルダが13人気で波乱演出
Si
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

結果は → 成績新聞

Hb_8

<京都11Rシルクロードステークスの結果>
1着.3番アンバルブライベン(2人気)
2着.2番サドンストーム  (3人気)
3着.15番セイコーライコウ (12人気)