■クイーンCを攻略するツボ■

1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

11番ロカは1人気に支持された阪神JFで出遅れが堪えて8着。前走以上に走れてよいが、今回も出遅れの不安は残るまま。

レース特記=「スタ悪い」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番キャットコインは初戦の東京1600m戦は1000m通過が64秒4と遅く、レースラップのラスト1ハロンが11.4秒と速く、この馬自身が刻んだラスト1ハロンは10秒台。

レースラップのラスト1F11.4秒
3
*画像はPC版の【コメント新聞】

ひいらぎ賞では中山1600mで不利とされる大外枠を克服して、上がり最速をマークして牡馬相手に快勝。

ひいらぎ賞で上がり最速
4

「推定後半3ハロン」1位。牝馬同士なら末脚は一枚上。

「推定後半3ハロン」1位=キャットコイン
3_2

14番ミッキークイーンは初戦、2戦目と上がり最速をマーク。

2戦続けて上がり最速
5

「推定後半3ハロン」4位に該当して、重賞でも末脚は通用するはず。長距離輸送を挟んで状態を維持できるかがカギ。【直前情報】も参考にしたい。

東京新聞杯の【直前情報】
4_3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

2番ダノングラシアスはファンタジーS(2着)で上がり3位をマーク。阪神JF(13着)の敗戦だけでは見限れない。

ファンタジーSで上がり3位
6

15番カービングパスの前走は他馬と接触して、スムーズさを欠く内容。巻き返しも一考できる。

レース特記=「他馬接触」「スム欠く」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1番シングウィズジョイは「追切指数」「乗込指数」ともにメンバー中で2位。

「追切指数」2位&「乗込指数」2位
12
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

鞍上の内田博Jは東京1600mは得意としている。最内枠なら、一発の魅力は十分。

該当コース騎手成績
11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

3番スマートプラネットは東京1400m戦のサフラン賞を0秒5差で逃げ切っており、阪神JFでも逃げて6着に健闘。「推定前半3ハロン」1位。

「推定前半3ハロン」=スマートプラネット
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

過去5年で前後差1秒3以上のスローペースとなっており、勝ち馬は4角2~4番手で立ち回っている。単騎逃げが見込めるメンバー構成なら、逃げ残りは警戒しておきたい。

過去5年で4角4番手以内が4勝
 1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

結果は → 成績新聞

Hb_7

<東京11Rクイーンカップの結果>
1着.6番キャットコイン  (2人気)
2着.14番ミッキークイーン (3人気)
3着.11番ロカ       (1人気)