■大阪杯を攻略するツボ■

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

この舞台は差し&追い込み馬は外を回るロスが大きく、基本的には内を立ち回れる逃げ&先行馬が有利。ただし、過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内をマーク。2連続開催で馬場が荒れてきて、上位の上がりをマークすれば差し届く。

過去5年の勝ち馬の上がりは5位以内
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

7番キズナは骨折休養明けの京都記念で3着。逃げ、2番手で決着する展開で、レースラップのラスト2F11.0秒-11.6秒と前が止まらなかった。

レースラップのラスト2F11.0秒-11.6秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ラスト1Fで3馬身ほど差がありましたから、ハナ差+クビ差、届かなかったのは仕方ない。上がり最速33.3秒は上がり2位に0.5秒差で断トツ。

上がり最速33.3秒(上がり2位に0.5秒差)
2_2

国内では10戦して、上がり最速が8回、上がり2位が2回。「上がり3位内率」は《100%》、「推定後半3ハロン」1位。現役屈指の瞬発力、末脚を秘めているのは間違いない。

「上がり3位内率」=《100%》
「推定後半3ハロン」1位
1_2

12番スピルバーグは天皇賞(秋)、ジャパンCは一線級相手に上がり最速をマークして好走。

天皇賞(秋)、ジャパンCで上がり最速
4_2

「出遅れ率」が《36%》が高いので、今回も後方からのレースか。

「出遅れ率」=《36%》
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

休み明けで【直前情報】も参考にしたい。

高松宮記念の【直前情報】
2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

4番エアソミュールは近3走は毎日王冠で1着、金鯱賞で3着、AJCCで3着。ハイレベルなG2で、「ハイブリッド指数」=《70》を超えてすべて馬券絡み。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
5_2

ただし、道中は行きたがる面を見せてたのが微妙。今回はM.デムーロ騎手の腕の見せ所。

レース特記=「掛り気味」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番ラキシスは有馬記念はスローペースの展開を味方につけて、好メンバー相手に0.2秒差の6着と健闘。

レース特記=「P遅い○」
6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

阪神では3戦して、上がり最速をマークして2勝。牝馬だが、坂は苦にしていない。7連対すべてが2000m~2200m戦。この距離がベスト。

「コース実績」=【2・0・0・1】
7_2

6番カレンブラックヒル小倉大賞典は前後半35.9秒-36.9秒、前傾1.0秒のハイペースをトップハンデの58kgを背負いながら、4角先頭で押し切った内容は強い。

前後半35.9秒-36.9秒(前傾1.0秒のハイペース)

9

7勝すべてが1800m以下であげたもので、距離延長はプラスとは言えないのは確か。距離延長をどう克服するか。展開の助けが欲しいところ。

レース特記=「距離長」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番ショウナンパンドラは秋華賞で上がり3位をマークして差し切り勝ち。1分57秒0の勝ち時計はレコード。

秋華賞を1分57秒0のレコード勝ち
10_2

エリザベス女王杯は外枠で展開も不向き。夏場から休まず使われて4戦目で、デキも絶好ではなかったはず。阪神の重い芝の克服がカギ。

レース特記=「芝軽い○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番ロゴタイプは今年は中山金杯、中山記念で2着と好走。いずれも「ハイブリッド指数」が《70》超えと優秀。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
8

中山はG1・2勝を含めて、6戦すべて3着以内と大得意。その6戦すべてが4角5番手以内からの好走。好位追走から早めに抜け出して、7番キズナの末脚を封じるシーンは想定しておく。

前後半5傑入り=オレンジ色で表示
11_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

7番キズナが単勝1倍台前半の圧倒的人気だから、この馬から購入する場合、3連単の「1着固定」に妙味はなく、3連複の軸に留めるのが正解。他馬から購入する場合、逆転を狙った「1着固定」は購入しておくべき。買い方がポイントとなりそうなレース。

結果は → 成績新聞

Hb_17

<阪神11R大阪杯の結果>
1着.3番ラキシス     (4人気)
2着.7番キズナ      (1人気)
3着.4番エアソミュール  (6人気)