■桜花賞を攻略するツボ■

さて、今週は阪神で「桜花賞」、来週は中山で「皐月賞」が行われ、いよいよ春競馬も本格化。本日の中山メーンのニュージーランドTは「推定後半3ハロン」上位で決着。

ニュージーランドTの「推定3ハロン」
1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

阪神メーンの阪神牝馬Sでは「推定後半3ハロン」1位のカフェブリリアントが勝って、「推定前半3ハロン」1位のベルルミエールが2着。そして、「推定後半3ハロン」5位のウリウリが3着。

阪神牝馬Sの「推定3ハロン」
2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

中山、阪神ともに馬場が荒れてきており、外差しが優勢。「推定後半3ハロン」重視で儲けられるはず。

その今年の「桜花賞」はルージュバック、クイーンズリング、キャットコインの3戦3勝馬の3頭に加えて、阪神JFの2着馬レッツゴードンキ、3着馬ココロノアイが出走。例年並みか、それ以上にハイレベルなメンバー構成。

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

近5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内。4角9番手以内から連対したのは12年ヴィルシーナ(2着)のみ。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内
Photo_10
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

8番ルージュバックは今年初戦のきさらぎ賞で上がり最速をマークして初重賞制覇。勝ち時計1分48秒6は平凡だが、内容的には0.3秒差の快勝だった。

1

初戦が上がりの速い新潟戦とはいえ、レースラップのラスト2F10秒台をアッサリ差し切り勝ち。この時点で只者ではない瞬発力を示していた。

レースラップのラスト2F10.7秒-10.8秒
2
*画像はPC版の【コメント新聞】

2戦目の百日草特別は0.4秒差で2分0秒8のレコード勝ち。3戦すべて牡馬相手に上がり最速をマークして勝利。牝馬の域を超えた瞬発力を秘めており、間違いない。

馬特記=「瞬発力○」「R振スム」
6_3
*画像はPC版の【コメント新聞】

15番ココロノアイはチューリップ賞は重馬場をモノともせず、中団から上がり2位で差し切り勝ち。ステイゴールド産駒だから、渋った馬場には滅法強い。

レース特記=「渋馬場○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

阪神JFでは4角8番手から、上がり3位をマークして0.2秒差の3着。この舞台を3戦連続して走るのは大きな強み。行きたがる面もあるので、オークスより桜花賞の方が向いている。

レース特記=「掛り気味」
7_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、3走続けて出遅れており、今回も出遅れは覚悟しておいた方がよい。

3走続けて出遅れ
4

6番レッツゴードンキはチューリップ賞では逃げ粘って3着。初めての形でも崩れなかったので、やはり牝馬同士なら地力は上。

レース特記=「掛り気味」「行たがる」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

阪神JFでは上がり2位をマークして2着。如何に折り合いをつけられるかだけ。15番ココロノアイと同様、5戦して3着を外していない点は評価できる。

阪神JFで上がり2位
「クラス成績」=【1・2・2・0】
8

13番クイーンズリングはフィリーズRで上がり最速をマークして勝利。初戦からすべて上がりは2位以内。

3戦すべて上がり2位以内
前走は「-20kg」の大幅馬体減
1_2

前走で大幅に減った20kgの馬体回復が最大のカギ。【直前情報】も参考にしたい。

昨年の【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

もう1頭の3戦無敗がクイーンCを制した11番キャットコイン。ただし、上がりは4位34.6秒止まりで、2着ミッキークイーンの上がり最速33.8秒に0.8秒も劣った。ハイレベルな今年のメンバーでは上位争いまでか。

上がり4位34.6秒(上がり1位に0.8秒差)
4_2

9番アンドリエッテはチューリップ賞で上がり最速35.7秒をマークして2着。上位4頭はすべて外枠で、不利な最内枠を克服しての好走。

チューリップ賞で上がり最速35.7秒
2_2

しかも、3角でゴチャついて、下がるロスもあった。一戦ごとにキレ味が増しており、この舞台で上がり最速をマークしている点は評価できる。

レース特記=「ゴチャ」
レース内容=「3角手前で前カットされる」

3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7番クルミナルはデビュー2戦のレースラップのラスト2Fが10.9秒-11.1秒、11.2秒-11.5秒と速く、相当な瞬発力を秘めているはず。

レースラップのラスト2F10.9秒-11.1秒
2F11.2秒-11.5秒
5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】

「推定後半3ハロン」3位。良馬場なら巻き返すの余地は十分。穴ならこの馬か。

「推定後半3ハロン」3位=7番クルミナル
3

阪神の外回りがリニューアルされた2007年以降、後方からの大外一気が決まっている。昨年のハープスター(1着)を始め、「推定後半3ハロン」上位馬の活躍が目立つ。

過去の桜花賞の「推定3ハロン」
1_3

今年も「推定後半3ハロン」上位馬が中心でよい。

結果は → 成績新聞

Hb_16

<阪神11R桜花賞の結果>
1着.6番レッツゴードンキ (5人気)
2着.7番クルミナル    (7人気)
3着.1番コンテッサトゥーレ(8人気)
4着.13番クイーンズリング (3人気)