■日経賞を攻略するツボ■

Photo_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5回の中山での施行で「上がり最速馬」は3勝、2着1回、3着1回とすべて馬券絡み。12年こそ重馬場を味方にネコパンチが逃げ切ったが、それ以外の勝ち馬4頭はすべて上がり最速をマーク。

過去5年で「上がり最速馬」が4勝
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

しかも、今開催は1800m戦の中山牝馬Sだけでなく、1200m戦のオーシャンSも含めて、「推定後半3ハロン」1位がすべて馬券絡み。例年以上に差しが決まっている。

中山記念の「推定3ハロン」
1_2

オーシャンSの「推定3ハロン」
2_2

弥生賞の「推定3ハロン」
3

中山牝馬Sの「推定3ハロン」
3f_9
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

スプリングSの「推定3ハロン」

3f_13
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

9番フェノーメノは昨秋のG1は天皇賞(秋)、ジャパンC、有馬記念と結果が出ず。ただし、「ハイブリッド指数」は《70》を超えていた。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
1

今回は3ヶ月の休み明けで仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

スプリングSの【直前情報】
2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

9番フェノーメノと同様、6番アドマイヤデウスも前後半5傑入り。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

ダービー以来となった日経新春杯を快勝。京都のような軽い芝が得意なので、中山の重い馬場がどうか。

馬特記&レース特記=「芝軽い○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番クリールカイザーはAJCCを逃げ切り勝ち。「ハイブリッド指数」は《70》に到達した。今回も先行策から粘り込みを図る。

「ハイブリッド指数」=《70》
2

3番ウインバリアシオンは休養前は2戦連続して2ケタ着順に大敗。上がりは14位、8位止まりと以前ほどの末脚が発揮できていない。3ヶ月あけて、体調&脚元の状態が戻っているかどうか。

上がりは14位、8位
3

12番ステラウインドは万葉Sを勝って、ダイヤモンドSで4着と善戦。スタミナがあるので、長距離戦は得意。

レース特記=「スタミ○」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番サウンズオブアースは神戸新聞杯で上がり2位をマークしてアタマ差の2着。3分1秒0のレコード決着だった菊花賞では、上がり最速34秒4をマークして0秒1差の2着。

神戸新聞杯で上がり2位、菊花賞で上がり最速
1_2

2400m以上の近2走で好走しているから、スタミナ勝負は得意。

馬特記&レース特記=「スタミ○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。55キロの斤量なら、古馬相手でも末脚は通用するはず。

「推定後半3ハロン」1位=10番サウンズオブアース
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【競走馬成績データ】

M.デムーロJ、岩田J、戸崎Jが複勝率《40%》超えと高い。長距離戦は特にジョッキーの腕が重要となる。

該当コース騎手成績
3_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Hb_9

<中山11R日経賞の結果>
1着.6番アドマイヤデウス (4人気)
2着.3番ウインバリアシオン(5人気)
3着.4番ホッコーブレーヴ (6人気)