■新潟2歳Sを攻略するツボ■

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年すべて後半の方が遅い後傾ラップにも関わらず、勝ち馬はすべて4角9番手以降から、上がり2位以内をマーク。圧倒的に差し&追い込み馬が優勢。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり2位以内
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

⇒土曜の特別レースの【コメント新聞】(無料)はコチラから
⇒日曜の特別レースの【コメント新聞】(無料)はコチラから

「推定前半3ハロン」上位馬の好走が少なく、「推定後半3ハロン」上位馬の好走の方が多い。果たして今年の「推定後半3ハロン」上位はどの馬か?

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

2番ロードクエストは初戦の東京1600m戦を快勝。上がり最速33.2秒は上がり2位に0.7秒差で抜けて速かった。

上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
2_2

レースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒を4角10番手から楽々と突き抜けて、ラストは押さえる余裕まで見せたから強い。

レースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】

「推定後半3ハロン」1位。重賞でも瞬発力は上位のはず。

「推定後半3ハロン」1位=2番ロードクエスト
1_2

14番ペルソナリテは新馬戦、ダリア賞ともにタイム差なしの辛勝。他馬と接触したり、狭い所を割ったり、勝負根性は評価できる。

レース特記=「他馬接触」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、400キロしか馬格なく小柄なので、距離延長はマイナス材料かもしれない。

新馬戦、ダリア賞ともにタイム差なし
馬体重=400キロ

3_3

馬体が成長しているかどうか。【直前情報】も参考にしたい。

北九州記念の【直前情報】
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

16番ウインミレーユは初戦の新潟1600m戦を0.7秒差で圧勝。レースラップのラスト2F10.6秒-11.6秒と上がりの速い決着に対応しており、この舞台の適性は高い。

レースラップのラスト2F10.6秒-11.6秒
3
*画像はPC版の【コメント新聞】

4番プリンシパルスターの初戦はメンバー中で上がり3位止まり。重賞で上位の上がりをマークするのは微妙かもしれない。

初戦は上がり3位
4_3

15番ルグランフリソンは初戦を逃げて、0.4秒差で快勝。上がりもメンバー中で3位なので、スピードだけで押し切った訳ではない。

逃げて、上がり3位
5_2

5番ファドは1人気に支持されたダリア賞で4着。初戦は行きたがる面を見せて、2戦目は追って頭が上がるなど、レースぶりに幼さが残る。

レース特記=「掛り気味」「追頭上る」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1番タニセンビクトリーは2戦目の未勝利戦を0.5秒差で快勝。重賞でも通用してよい。

2戦目の未勝利戦を0.5秒差で快勝
6_2

その1番タニセンビクトリーを初戦で差し切ったのが18番ヒプノティスト。レースラップのラスト2F11.2秒-11.7秒を上がり最速33.7秒で差し切り勝ち。上がりの速い決着には対応可能。

レースラップのラスト2F11.2秒-11.7秒
レース特記=「上が速○」

5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7番マコトルーメンは新馬戦(1着)、函館2歳S(5着)で2戦続けて上がり最速をマーク。

2戦続けて上がり最速をマーク
3_2

「推定後半3ハロン」2位。距離延長を克服できれば、勝ち負けに持ち込めてよい。例年通り、今年も「推定後半3ハロン」上位馬に注目。

「推定後半3ハロン」上位馬に注目
11_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

⇒土曜の特別レースの【コメント新聞】(無料)はコチラから
⇒日曜の特別レースの【コメント新聞】(無料)はコチラから

結果は → 成績新聞

Hb_16

<新潟11R新潟2歳ステークスの結果>
1着.2番ロードクエスト  (1人気)
2着.13番ウインファビラス (12人気)
3着.7番マコトルーメン  (8人気)