■NHKマイルCを攻略するツボ■

さて、明日は東京で「NHKマイルC」が行われる。

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

先週の天皇賞(春)は「推定後半3ハロン」1位のサウンズオブアースは伸びを欠いたが、4位のフェイムゲームが波乱を演出。

今年も「推定後半3ハロン」上位2頭が馬券絡み
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

2番人気のゴールドシップが勝利したとはいえ、3連複で「57160円の大荒れの決着となった。このNHKマイルCも過去10年で3連単10万馬券が7回、100万馬券が3回の荒れっぷり。

★NHKマイルCの3連複5万馬券★
3411
3連複 571.6×500円=28万5800円
購入5万6000円 払戻28万5800円

過去5年で上がり3位以内が6連対を占めており、直線が長い東京コースのG1らしく、一応は差し馬が優勢か。

一応は差し馬が優勢
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

土曜の芝は計6クラあって、「上がり最速馬」が4勝、2着1回、3着1回とすべて馬券絡み。馬場的にも上がり最速をマークすれば、馬券圏内には差し届く。

「上がり最速馬」=【4・1・1・0】
1_3
ハイブリッド新聞の上部に掲載の「馬場傾向」

12番ミュゼスルタンのスプリングSは7ヶ月の骨折休養で0.5秒差の7着なら大健闘。皐月賞2着馬リアルスティールと並んで、上がり最速33.6秒は高く評価できる。

スプリングSで上がり最速
9

骨折休養明け2走目で上積みがどうか。キャリアの3歳重賞なら、【直前情報】も参考にしたい。

京都新聞杯の【直前情報】
4_3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

2番グランシルクはニュージーランドTはゲート内で立ち上がって、大きな出遅れ。

前走のレース特記=「アオル」
前走のレース内容

1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

前後半35.0秒-35.8秒だったので、追い込み有利な流れではなく、よく2着まで追い込んだ。

前後半35.0秒-35.8秒(前傾0.8秒の平均ペース)

2_4

上がり最速をマークしたのは初めてだが、デビュー4戦もすべて上がり3位以内。一戦ごとに瞬発力が増している。

デビュー4戦もすべて上がり3位以内
3_3

「推定後半3ハロン」1位。上がりの速い東京なら、33秒台前半の末脚を使えるはず。直線一気に突き抜けてくるか。

「推定後半3ハロン」1位=2番グランシルク
2_3

1番アヴニールマルシェの共同通信杯は上がり2位をマークしたとはいえ完敗の5着。初戦、新潟2歳Sと上がり最速をマークしたが、「ハイブリッド指数」は《55》で停滞気味。

「ハイブリッド指数」=《55》
4_2

9番アルビアーノはデビュー3戦とも、危なげなく押し切り勝ち。

3走のレース内容
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

前走は2ハロン延長の1800mを楽々と克服しており、東京の1600m戦を押し切るスピード、スタミナとも兼備しているはず。あとはマイペースで運べるかどうか。

3戦すべて4角先頭
5_3

7番クラリティスカイは皐月賞は絡まれずにマイペースで運べたので、結果的にはよかったはず。「ハイブリッド指数」は《60》と高い。

「ハイブリッド指数」=《60》
6_3

東京1600m戦のいちょうSを1分33秒5のレコードで0.3秒差で快勝。朝日杯FSを含めて、3戦すべて上がり3位以内で馬券絡み。この距離、舞台がベスト。

「距離実績」=【1・1・1・0】

3_3

10番アルマワイオリは朝日杯FSで上がり2位、アーリントンCで上がり最速をマークして2着に好走。ニュージーランドTの末脚は本来のものではない。あとは如何に折り合えるかどうか。

朝日杯FSで上がり2位、アーリントンCで上がり最速
8

4番グァンチャーレはシンザン記念で重賞制覇。弥生賞でも5着に善戦したが、距離はマイルがベスト。一発の魅力は秘める。

レース特記=「距離○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

11番ヤマカツエースはニュージーランドTで重賞初勝利。ファルコンSではノメりながらも、上がり最速をマークしてタイム差なしの3着と好走。

レース特記=「ノメル」
上がり最速

3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

全9戦中で上がり最速が4回。勝ち味に遅いが、末脚はイイものを持っている。「追切指数」「乗込指数」とも3位以内に入っており、調教的には一番。

「追切指数」「乗込指数」3位以内
6_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

今年は重賞2勝馬がおらず、「基準ハイブリッド指数」超えがゼロ。先週の天皇賞(春)と同様、大荒れの決着が予想される。最後のモノを言うのは「推定後半3ハロン」上位馬の瞬発力か。

「基準ハイブリッド指数」超えがゼロ
5_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Hb_17

<東京11RNHKマイルカップの結果>
1着.7番クラリティスカイ (3人気)
2着.9番アルビアーノ   (4人気)
3着.12番ミュゼスルタン  (2人気)