■みやこSを攻略するツボ■

1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬の4頭が4角5番手以内。勝ち馬の上がりはすべて36秒台で一致している。

過去5年の勝ち馬の4頭が4角5番手以内
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

勝ち馬はすべて「ハイブリッド指数」3番手以内、「推定前半3ハロン」5位以内に該当。強い先行馬は簡単には止まらない。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

11番ダノンリバティはシリウスSで3着と好走したが、行きたがる面があって、2000mの距離は長かった。

レース特記=「距離長」「行たがる」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ダート戦では3戦して連対を外しておらず、今回は「ハイブリッド指数」が《70》に到達する可能性は高い。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
2_9

「追切指数」、「乗込指数」ともにメンバー中で2位。仕上がりも良好。

「追切指数」2位&「乗込指数」2位
5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」ともに上位。年長馬が相手でも先行力、末脚は互角以上。初重賞制覇のチャンス。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

9番クリノスターオーのエルムSは勝負所でモタつくなど、本来の行きっぷりにはなかった。

レース特記=「勝負モタ」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「追切指数」「乗込指数」は高く、デキは戻っている。「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」ともに上位。今回は本来の先行策から巻き返せるはず。

「追切指数上昇度」「乗込指数上昇度」=《A》
「推定前半3ハロン」3位、「推定後半3ハロン」5位

2

3番モンドクラッセは4角先頭→上がり最速をマークして3連勝中。オープン馬相手に先行力が通用するか。5番エーシンモアオバーとの兼ね合いがカギ。

4角先頭→上がり最速をマーク
4_4

三浦Jは京都ダート1800mの複勝率が《4.3%》と低い点は割引きは必要。

該当コース騎手成績
4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

4番カゼノコは休み明けのブラジルCで上がり3位をマーク。ただし、上がり最速に0.5秒差は物足りない。58キロの今回は厳しいかもしれない。

上がり3位(上がり最速に0.5秒差)
5_3

1番ローマンレジェンドは7歳になった近走でも「ハイブリッド指数」=《70》超えは立派。5ヶ月の休み明けは割引きが必要だが、内枠、岩田Jなら軽視はできない。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
3_4

「基準ハイブリッド指数」超えが1番ローマンレジェンド、9番クリノスターオー、11番ダノンリバティの3頭。少頭数ながらも、チャンピオンズCへ向けてハイレベルな一戦。

「基準ハイブリッド指数」超えが3頭
3

結果は → 成績新聞

Hb_18

<東京11R天皇賞(秋)の結果>
1着.8番ラブリーデイ   (1人気)
2着.14番ステファノス   (10人気)
3着.16番イスラボニータ  (6人気)