■目黒記念を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

近2年は4角10番手以降から、上がり2位以内をマークして差し切り勝ち。大きな傾向が出ていないとはいえ、やや差し馬が優勢か。

近2年の勝ち馬は4角10番手から上がり2位以内
 Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

今年はトップハンデが5番オーシャブルー、12番ムスカテールの57.5キロ。

トップハンデは赤色で表示
1

最軽量が13番サイモントルナーレの50キロ。上下差が7.5キロのハンデ戦。

最軽量は青色で表示
3

14番ステラウインドは長距離戦を得意としており、日経賞で「ハイブリッド指数」=《68》をマーク。

「ハイブリッド指数」=《68》
1

「ハイブリッド指数」1番手。ハンデ56キロなら、チャンスは大きい。

「ハイブリッド指数」1番手=14番ステラウインド
4
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【HB指数ランキング】

15番ダービーフィズは近4走中、上がり3位以内が3回。ただし、「推定後半3ハロン」上位に該当しておらず、重賞では善戦までか。

近4走中、上がり3位以内が3回
2

3番ファタモルガーナはレースセンスがよく、スタミナがあるので長距離戦は得意。

レース特記=「スタミ○」
1_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

前後半5傑入り。長距離戦では先行力、末脚ともに上位。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
12
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

2500mの長距離戦だから、【コメント新聞】馬特記&レース特記「スタミ○」がある馬が有利。

馬特記=「スタミ○」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

12番ムスカテールはメトロポリタンSを勝利。一昨年の目黒記念を制した実績もある。ただし、57.5キロのトップハンデは微妙。

57.5キロのトップハンデ
5

2番レコンダイトは近2走は条件戦とはいえ、上がり最速をマーク。ハンデ55キロ、M.デムーロJが騎乗するのは魅力。

近2走は上がり最速
3

17番メイショウカドマツは阪神大賞典では先手を奪われて、2番手で行きたがって、スムーズさを欠いた。

レース特記=「行たがる」「スム欠く」
2_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定前半3ハロン」は抜けて速い。東京2400m戦の早春Sを圧勝しており、単騎逃げなら巻き返しは可能。

「推定前半3ハロン」1位=メイショウカドマツ
6

4番アドマイヤスピカは松籟Sを差し切り勝ち。上がり最速34秒4は上がり2位に0.9秒差で抜けて速い。「休み明け成績」も【0・1・2・0】と上々。

上がり最速(上がり2位に0.9秒差)
「休み明け成績」=【0・1・2・0】

7

「推定後半3ハロン」1位。今年のメンバーなら、末脚は十分に通用するはず。

「推定後半3ハロン」1位=4番アドマイヤスピカ
8

近6年で3連複万馬券が5回も飛び出すなど、波乱ムードの濃いフルゲートのハンデ戦。

18頭立てのフルゲートのハンデ戦
2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の上部

今年は近1年以内に重賞を勝ったのは16番マイネルメダリストのみで、「基準ハイブリッド指数」超えはいない。波乱が予想される。

「基準ハイブリッド指数」超えがゼロ
9
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Hb_2

<東京12R目黒記念の結果>
1着.1番ヒットザターゲット(11人気)
2着.2番レコンダイト   (4人気)
3着.3番ファタモルガーナ (1人気)