■京都新聞杯を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり2位以内をマーク。直線が長い京都の外回り戦らしく、上位の上がりは必要不可欠といえる。

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり2位以内
 1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

このレースを上がり最速で勝利した13年キズナが本番のダービーも制している。

13年の「推定後半3ハロン」1位=キズナ
5_2

2番ポルトドートウィユは1人気に支持された若葉Sで4着。当日は力の要る阪神の馬場が堪えた。

レース特記=「芝重い×」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「4角5番手内率」は《83%》、「上がり3位内率」は《100%》と高く、前後半5傑入り。瞬発力が活きる京都の舞台なら、巻き返しは可能。

「4角5番手内率」は《83%》&「上がり3位内率」は《100%》
「推定前半3ハロン」4位&「推定後半3ハロン」4位
2_3

3番トーセンバジルは上がり33秒台の争いとなった紫菊賞で2着。軽い芝の上がりの速い決着は得意。休み明け2戦目で上積みがどうか。

レース特記=「芝軽い○」「上が速○」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

15番アルバートドックはディープ産駒ながら、時計の掛かるレースで実績を残している。外枠を引いたのも歓迎とはいえない。

レース特記=「上が掛○」「上が速×」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4番サトノラーゼンははなみずき賞を快勝。レースラップのラスト2F11.8秒-11.2秒と秀逸。

レースラップのラスト2F11.8秒-11.2秒

4
*画像はPC版の【コメント新聞】

8戦して2勝、2着3回、3着3回の安定した成績。3着を外していない点は高く評価できる。

「全成績」=【2・3・3・0】
3

9番スピリッツミノルは未勝利、梅花賞、すみれSと3戦連続して逃げ切り勝ち。

3戦連続して逃げ切り勝ち
4

「推定前半3ハロン」は抜けて速い。皐月賞では逃げられなかったが、今回のメンバーなら得意の単騎逃げの形に持ち込めるはず。

「推定3ハロン」断トツ1位はオレンジ色で表示
3_2

1番ダノンリバティは毎日杯で上がり最速をマークしてハナ差2着。皐月賞は勝ち馬ドゥラメンテに次いで上がり2位。近2走の重賞でマークした上位の上がりは高く評価できる。

「ハイブリッド指数」=《59》
2

「推定後半3ハロン」1位。京都外回り戦のG2なら、自慢の末脚で差し切ってみせるか。

「推定後半3ハロン」1位=1番ダノンリバティ
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「ハイブリッド指数」は皐月賞参戦組が上位。条件戦からの参戦馬が、どれだけ上積みを加えてくるか。【直前情報】も参考にしたい。

皐月賞組が「ハイブリッド指数」上位
4_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Hb_8

<京都11R京都新聞杯の結果>
1着.4番サトノラーゼン  (2人気)
2着.2番ポルトドートウィユ(1人気)
3着.15番アルバートドック (6人気)