■京都2歳Sを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の前後半の平均は36秒9-34秒8とペースが全く上がらず、ラスト3ハロンだけの瞬発力勝負となる。その一方、勝ち馬はすべて上がり3位以内をマークしている。

過去5年の勝ち馬は上がり3位以内
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

全体的には「推定後半3ハロン」上位馬の好走が目立つ。

過去3年の勝ち馬は「推定後半3ハロン」4位以内
8_3

3番アドマイヤエイカンは新馬戦、札幌2歳Sで上がり最速をマークして2連勝。「ハイブリッド指数」は古馬500万級の《51》は悪くはない。

2戦ともに上がり最速
2_4

今回は2ヶ月ぶりの実戦で仕上がりがどうか。「ハイブリッド指数」1番手、「推定後半3ハロン」1位。重賞を上がり最速で制した点は評価したい。

「ハイブリッド指数」1番手、「推定後半3ハロン」1位
1

他に素質馬が多数いるかもしれないので、【直前情報】も参考にしたい。

マイルCSの【直前情報】
3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

4番ドレッドノータスの初戦は掛り気味に逃げて、2着馬の追撃をクビ差、凌いで勝利。

レース特記=「掛り気味」
7_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レースぶりが幼く、「ハイブリッド指数」も低い。あまり人気するのは微妙な印象は受ける。

「ハイブリッド指数」=《35》
3_4

11番ロライマは初戦で上がり最速をマークして勝利。「ハイブリッド指数」は4番ドレッドノータスより上。

上がり最速
「ハイブリッド指数」=《38》

4_4

レースラップのラスト2F11.5秒-11.5秒も上々。重賞でも通用する瞬発力を秘めているはず。

レースラップのラスト2F秒11.5-11.5秒
8_2
*画像はPC版の【コメント新聞】

6番キャノンストームも初戦で上がり最速をマークして勝利。「ハイブリッド指数」は《40》と高い。2戦目の上積みに期待。

上がり最速
「ハイブリッド指数」=《40》

5_3

2番ケルフロイデは新馬、きんもくせい特別を2連勝。

「ハイブリッド指数」=《46》
9_3

前後半5傑入り。内回り戦で先行力があるのは武器。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「推定前半3ハロン」1位は10番ジョルジュサンク。「4角先頭馬」は10年プレイ(2着)、12年テイエムダイパワー(3着)、13年アグネスドリーム(2着)が5番人気以下で馬券絡み。人気薄の逃げ馬には注意したい。

1番リスペクトアースは初戦のレースラップのラスト2F11.0秒-11.4秒は上々。先行力があるだけでなく、末脚もシッカリしている。

レースラップのラスト2F11.0秒-11.4秒
10_2
*画像はPC版の【コメント新聞】

「追切指数」の《45》は最も高く、調教的には高く評価できる。

「追切指数」1位
2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Hb_8

<京都11R京都2歳ステークスの結果>
1着.4番ドレッドノータス (3人気)
2着.1番リスペクトアース (5人気)
3着.3番アドマイヤエイカン(1人気)