さて、「菊花賞」を分析。

1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

10年ビッグウィーク、12年ゴールドシップ、13年エピファネイア、14年トーホウジャッカルと勝ち馬の4頭が2周目の4角を2番手、11年オルフェーヴルは4角を3番手で立ち回っている。

4角2~3番手→上がり2位以内が好走パターン
 1_2  
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

一方で「上がり最速馬」は1勝、2着2回。連対馬の9頭までが上がり4位以内をマークしている。1周目を中団~後方で立ち回ったとしても、2周目の4角で3番手以内のポジションが勝利の条件。早めに動いて、最後まで押し切るだけのスタミナが必要。

「ハイブリッド指数」1番手が4連対。連対馬の9頭までが「ハイブリッド指数」4番手以内。そして、近4年の連対馬はすべて「推定後半3ハロン」2位以内に該当。近年は意外と紛れが少ない。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

17番リアファルはマレーシアC、神戸新聞杯と連勝。4角先頭→上がり3位以内は優秀。「ハイブリッド指数」は《64》《67》と高い。

4角先頭→上がり3位以内
「ハイブリッド指数」=《64》《67》
3

渋馬場を克服しており、スタミナ面も十分に示している。距離延長は問題とはならない。

レース特記=「渋馬場○」「スタミ○」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り。一気の3連勝で初G1挑戦のチャンスは十分。

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り
2

11番リアルスティールは神戸新聞杯は2着に敗れたとはいえ、上がり最速をマーク。ディープ産駒らしく、末脚が持ち味。

神戸新聞杯=上がり最速
9

ダービーで行きたがる面を見せて、神戸新聞杯でも掛り気味。距離延長は克服できても、プラスとは言い難い。

レース特記=「行たがる」「掛り気味」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。17番リアファルとの差を何処まで詰められるか。

「推定後半3ハロン」1位
4

2番サトノラーゼンはセントライト記念で7着。ゴチャつく面があって、最後は追うのを止めていた。

レース特記=「ゴチャ」「直追止め」
10
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

全11戦で馬券圏内を外したのは一度だけ。巻き返しの可能性は十分。

「全成績」=【3・4・3・1】
3_2

7番スティーグリッツは500万下、1000万下を2連勝。距離を延ばして、成績が急上昇。

レース特記=「スタミ○」
11
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

今回は「ハイブリッド指数」を何処まで伸ばせるか。まだ底を見せていない点は魅力。

「ハイブリッド指数」=《58》
4

「出遅れ率」は《50%》と高いので、出遅れは覚悟しておいた方がよい。

「出遅れ率」=《50%》
6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

4番キタサンブラックは久々のセントライト記念を快勝。ただし、メンバーに恵まれた部分は大きく、「ハイブリッド指数」は《58》程度しかない。

「ハイブリッド指数」=《58》
5_2

10番ブライトエンブレムは弥生賞で断トツの上がりをマーク。全6戦中で上がり最速を3回マーク。もっと鋭い末脚を秘めているはず。

弥生賞で断トツの上がり最速をマーク
6

12番ワンダーアツレッタはスタミナを要する条件で2連勝。【コメント新聞】の馬特記に「スタミ○」があるかどうかは確認しておきたい。

馬特記=「スタミ○」
12
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」は11番リアルスティール、17番リアファル、2番サトノラーゼン、7番スティーグリッツ、3番タンタアレグリアまで上位。特に17番リアファルは「推定前半3ハロン」も上位。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

ちなみに「京都外回り3000m」の長距離戦なら、馬体構造的には「脚長」がかなり有利。パドックで実際に馬体的特徴を見ている利点が活かせる条件(舞台)といえる。

少し古い話しではあるが、2008年の菊花賞の【直前情報】では本命は1人気のオウケンブルースリー、対抗が15人気のフローテーション。この2頭で決着して、馬連「17820円」の万馬券。

2008年の【直前情報】
◎14番オウケンブルースリ…
馬体が締まり肌艶良く、無駄肉を削ぎ落として きた感じ。さすがGⅠレース、音無厩舎だけのことはある。
○1番フローテーション…
前走は休み明けで少し重めが残っていたが、この馬もキッチリ仕上げてく る。血統的には長い距離が向く。また、やや渋った馬場も得意とするところ。

赤木の馬券

Photo_7
馬連 178.2×2,000円=35万6400円
ワイド 44.5×3,000円=13万3500円
購入1万1000円 払戻48万9500円

今年も菊花賞の【直前情報】にも注目して頂きたい。

スプリンターズSの【直前情報】
13
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

結果は → 成績新聞

Hb_17

<京都11R菊花賞の結果>
1着.4番キタサンブラック (5人気)
2着.11番リアルスティール (2人気)
3着.17番リアファル    (1人気)