■京王杯スプリングCを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

昨年はレッドスパーダが4角2番手から抜け出して勝利するなど、4角5番手以内が馬券圏内を独占。過去5年の勝ち馬は4角8番手以内。あまり後方過ぎては届かない。

過去5年の勝ち馬は4角8番手以内
 Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

13番ダイワマッジョーレは高松宮記念で上がり最速をマークするも、6着まで。その前の2走で「ハイブリッド指数」が《70》を超えており、1400mへの距離延長は大歓迎。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
1

過去には時計勝負にも対応しており、東京コースも問題ない。

馬特記=「時計速○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

15番ヴァンセンヌは4連勝で東京新聞杯を制覇。折り合いに不安があるので、距離短縮は問題ない。5連勝で安田記念へ駒を進める可能性あり。

レース特記=「掛かる」「行たがる」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

17番クラリティシチーは近2走が上がり33秒台で好走。

近2走が上がり33.7秒
3

ただし、1400m戦の経験がなく、距離短縮は課題。

1400mは未経験
4

それよりも魅力は2番ダンスディレクター。近走は条件戦とはいえ、すべて上がり最速は優秀。

近走はすべて上がり最速
5

「出遅れ率」が《58%》と高く、スタートの不安はあるが、「追切指数」「乗込指数」ともに高く、状態はよい。

「出遅れ率」=《58%》
「追切指数」1位、「乗込指数」2位

7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

9番サトノルパンは六甲Sで直線挟まりながらも、立て直して伸びて2着は立派。

レース特記=「直線挟る」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

オープンとはいえ、「ハイブリッド指数」は《70》と高い。

「ハイブリッド指数」=《70》
6

ルメールJは東京1400mで複勝率が《50%》と高い。

該当コース騎手成績
8
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「推定前半3ハロン」、「推定後半3ハロン」ともに上位。このメンバーなら好位で立ち回って、直線で抜け出せるか。

前後半5傑入り=9番サトノルパン
11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

昨年は「推定前半3ハロン」4位のレッドスパーダが勝って、前後半5傑入りのクラレントが2着。今年は前後半5傑入りの9番サトノルパンに最も注目している。

昨年は「推定前半3ハロン」4位、前後半5傑入りがワンツー
2

結果は → 成績新聞

Hb_7

<東京11R京王杯スプリングカップの結果>
1着.11番サクラゴスペル  (5人気)
2着.15番ヴァンセンヌ   (2人気)
3着.8番オメガヴェンデッタ(7人気)