■京王杯2歳Sを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の前後半の平均は35秒6-34秒2と後半の方が1秒4も速い。近3年の勝ち馬はすべて4角2番手以内で立ち回っている。4角10番手以降からでは、上がり33秒台をマークしても差し届かないケースが多い。

過去3年の勝ち馬は4角3番手以内
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近2年は「ハイブリッド指数」1番手が3着。「推定前半3ハロン」1位、「推定後半3ハロン」1位ともに馬券絡みが一度ずつと低調ではある。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

12番モーゼスは初戦を2番手から抜け出して勝利。ただし、レースラップのラスト2Fが11.3秒-12.0秒と落ち込んでおり、それほど価値のあるラップとは言えない。あまり人気するのは微妙か。

レースラップのラスト2F11.3秒-12.0秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】

4番シャドウアプローチは2戦目の未勝利戦、ききょうSを連勝。口向きの悪さが残るので、乗り替わりは微妙。

レース特記=「口空け走」「口向悪い」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1番レッドカーペットはテンションが高く、折り合いに不安がある。長距離輸送を克服できるか。

レース特記=「掛り気味」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

前走は上がり33.5秒と速いものの、「上がり最速馬」には0.5秒、劣っている。

上がり2位(上がり最速に0.5秒差)
1_6

8番レッドラウダは芝、ダート併せて3戦すべて馬券絡みと堅実。しかも、前走は前後半33.8秒-39.3秒、前傾5.5秒のハイペースとかなり展開が厳しかった。

前後半33.8秒-39.3秒(前傾5.5秒のハイペース)
2_5

16番サイモンゼーレは小倉2歳Sで好位からシブトク伸びて2着。デビューから3戦すべて4角3番手以内で立ち回って、上がりもすべて4位以内をマーク。

4角3番手以内→上がり4位以内
1_7

単にダッシュ力だけで押し切っているわけではない。「推定前半3ハロン」4位、「推定後半3ハロン」5位。1ハロンの距離延長は克服できるはず。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
T11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

18番ボールライトニングの初戦は4番手追走から、直線で楽々と抜け出して快勝。レースラップのラスト2Fが11.4秒-11.3秒だから、まだ全力を出し切っての勝利ではない。

レース特記=「完勝」「直余力有」
レースラップのラスト2F11.4秒-11.3秒

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。末脚は重賞でも通用するはず。

「推定後半3ハロン」1位
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【競走馬成績データ】

「情報」「展開」「HB」の印がバラバラで、混戦必死のレース。キャリアの浅い2歳戦だから、【直前情報】にも注目したい。

天皇賞(秋)の【直前情報】
2_6
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

結果は → 成績新聞

Hb_8

<東京11R京王杯2歳ステークスの結果>
1着.18番ボールライトニング(2人気)
2着.15番アドマイヤモラール(6人気)
3着.4番シャドウアプローチ(1人気)