■京阪杯を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の前後半の平均は34秒3-33秒8。過去5年すべて4角3番手以内が勝利しており、そのうちの4頭が上がりも33秒台をマーク。

過去5年の勝ち馬はすべて4角3番手以内
1_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「推定前半3ハロン」1位は12年ハクサンムーン、14年アンバルブライベンが逃げ切り勝ち。

過去3年で「推定前半3ハロン」1位が2勝
2_5

12年、14年ともに単勝が的中している。

★12年の単勝馬券★
5711
単勝 34.1×2000円=6万8200円
購入1万500円 払戻6万8200円

★14年の単勝馬券★
5912
単勝 11.3×3000円=3万3900円
購入1万4500円 払戻3万3900円

やはり京都内回り1200m戦は逃げ馬が圧倒的に有利。勝ち馬はすべて「推定前半3ハロン」6位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

4番ビッグアーサーはオパールSを1分6秒7のタイレコードで圧勝。「ハイブリッド指数」はG1級の《75》と高い。

「ハイブリッド指数」=《75》
3_5

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り。今回も同じ舞台なら、普通に回ってくれば勝てる。

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り
1

1番ベルカントは北九州記念で4番ビッグアーサーに勝利。時計の速い決着、軽い芝は得意なので、京都コースは合う。

レース特記=「時計速○」「芝軽い○」
4_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

この2頭が前後半5傑入り。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

6番エイシンブルズアイは休み明けの桂川Sを快勝。京都1200mで1分6秒9の持ち時計があるので、時計勝負になっても対応可能。

馬特記&レース特記=「芝軽い○」
5_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「追切指数」1位&「乗込指数」3位。調教的にはメンバー中で一番。

「追切指数」1位&「乗込指数」3位
3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

14番サドンストームは渋った馬場を得意としているので、時計勝負になるのはマイナス材料。

レース特記=「時計掛○」「時計速×」
6_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番サトノルパンは初距離の道頓堀Sを快勝しており、距離短縮なら前進が見込める。

レース特記=「距離○」
7_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」超えが2頭のハイレベル戦。券種選択、金額配分がカギとなる。

「ハイブリッド指数」超えが2頭
2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Hb_18

<京都12R京阪杯の結果>
1着.2番サトノルパン   (4人気)
2着.4番ビッグアーサー  (1人気)
3着.9番アースソニック  (5人気)