■キーンランドCを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

⇒土曜の特別レースの【コメント新聞】(無料)はコチラから
⇒日曜の特別レースの【コメント新聞】(無料)はコチラから

過去5年の勝ち馬の4頭が4角2番手以内から押し切って勝利している。小回りコースの芝1200m戦だけあって、ダッシュ力は大きな武器となる。

過去5年の勝ち馬の4頭が4角2番手以内
1_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬はすべて「ハイブリッド指数」4番手以上。勝ち馬の4頭が「推定前半3ハロン」4位以内。「推定後半3ハロン」1位が3勝をおさめている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

Photo
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

10番ティーハーフは函館スプリントSを豪快に差し切り勝ち。前後半33.0秒-35.3秒、前傾2.3秒のハイペースが向いたが、上がり最速は上がり2位に0.7秒差で抜けて速かったのは立派。

前後半33.0秒-35.3秒(前傾2.3秒のハイペース)
上がり最速(上がり2位に0.7秒差)

2_3

「ハイブリッド指数」は《70》に到達しており、前走の勝利がフロックではない。

「ハイブリッド指数」1番手=10番ティーハーフ
1

「追切指数」「乗込指数」ともに高く、目下の充実ぶりを表している。

「追切指数」2位、「乗込指数」2位
5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

5番レッドオーヴァルは休み明けのUHB賞で上がり最速をマークして3着。洋芝の札幌での上がり33秒台を高評価できる。

上がり最速33.3秒
「ハイブリッド指数」=《66》
3_4

「推定後半3ハロン」1位。岩田Jが内枠をどう捌くか。

「推定後半3ハロン」1位=5番レッドオーヴァル
2

9番エポワスはUHB賞でレッドオーヴァルに勝利。1200mは【2・5・1・1・】と安定している。今日3勝のモレイラJが騎乗するのは心強い。

「距離実績」=【2・5・1・1】
3

11番ローブティサージュは函館スプリントSで15着大敗も、直線で包まれて何もできず参考外。

レース特記=「ゴチャ」「直追止め」
レース内容=「直線包まれて何もできず」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番手追走とはいえ、この馬自身の前半33秒5も速い。連覇のチャンスは十分にある。

前半3ハロン33.3秒
4

12番オメガヴェンデッタは京王杯スプリングCで3着と健闘して、函館日刊スポーツ杯では9番エポワスに勝利。「ハイブリッド指数」を伸ばす必要はある。

「ハイブリッド指数」=《64》
5_3

13番ウキヨノカゼは初めての1200m戦のTVh杯で上がり最速をマークして快勝。距離2戦目、休み明け2戦目なら、上積みは大きいはず。

「ハイブリッド指数」=《65》
6_4

15番レンイングランドは函館スプリントSで3着好走も、展開が向いたのが大きかった。今回も展開がハマルかどうか。

レース内容=「展開向く」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定前半3ハロン」1位。逃げ馬不在のメンバー構成、ベストの1200m戦なら、大駆けの期待をかけてみる手はある。

「推定前半3ハロン」1位=15番レンイングランド
11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

⇒土曜の特別レースの【コメント新聞】(無料)はコチラから
⇒日曜の特別レースの【コメント新聞】(無料)はコチラから

結果は → 成績新聞

Hb_15

<札幌11Rキーンランドカップの結果>
1着.13番ウキヨノカゼ   (8人気)
2着.16番トーホウアマポーラ(9人気)
3着.10番ティーハーフ   (1人気)