■ホープフルSを攻略するツボ■

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

昨年はシャイニングレイが4角3番手から抜け出して、コメートが同じく4角3番手から流れ込んで2着。過去5年の勝ち馬は4角6番手以内で立ち回っている。

過去5年の勝ち馬は4角6番手以内
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

実際、「4角先頭馬」は土曜の芝5クラ中、3頭が馬券絡み。直線の短い中山コースらしく、逃げ&先行馬の好走が目立つ。

「4角先頭馬」=【0・2・1・2】
3_2
ハイブリッド新聞の上部に掲載の「馬場傾向」

過去5年の連対馬の9頭までが「推定後半3ハロン」6位以内に該当。「ハイブリッド指数」はノーマークでも、上積みを加えて通用している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

9番ロードクエストは新馬、新潟2歳Sを連勝。いずれも上がり2位に0.7秒差で抜けて速かった。

上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
2_2

2戦ともにレースラップのラスト1F11.3秒、11.4秒と秀逸。

レースラップのラスト1F11.3秒、11.4秒
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

あとは2ハロンの距離延長がどうか。【直前情報】も参考にしたい。

【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

8番バティスティーニは2戦目の黄菊賞を0.6秒差で圧勝。上がり最速は上がり2位に0.8秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速(上がり2位に0.6秒差)
「ハイブリッド指数」=《53》

4_2

「ハイブリッド指数」2番手、「推定後半3ハロン」2位。同世代なら重賞でも通用するはず。

「ハイブリッド指数」2番手、「推定後半3ハロン」2位
1_2

6番ハートレーは初戦のレースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒は優秀。

レースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ディープ産駒らしい瞬発力があって、荒れ馬場にも対応できる。

馬特記=「瞬発力○」「荒馬場○」
6_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13番ブラックスピネルはデビュー3戦すべて、4角2番手→上がり2位をマーク。

4角2番手→上がり2位をマーク
7_2

坂路では古馬オープン馬と互角の動きを見せるほどで、「追切指数」は《40》と高い。調教通りなら重賞でも上位争い。

「追切指数」=《40》
2_2

この舞台で初騎乗の松若Jの腕次第か。

該当コース騎手成績
4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

1番アドマイヤエイカンの京都2歳Sで3着に敗退。ただし、レースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒と速く、逃げ&先行馬がワン・ツー。展開が不向きだったので悲観する内容ではない。

レースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
レース特記=「展開不向」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番プランスシャルマンは百日草特別で2勝目。デビューから4戦して2着を外していない点は優秀。ただし、「ハイブリッド指数」は《46》と低く、キャリア4戦で伸びシロが小さい。

「全成績」=【2・2・0・0】
「ハイブリッド指数」=《46》
9_3

11番ブレイブスマッシュはサウジアラビアRCの「ハイブリッド指数」は《47》と低く、休み明けでどれだけ成長しているかどうか。この馬も5戦して2着を外していない点は評価できる。

「全成績」=【2・3・0・0】
「ハイブリッド指数」=《47》
10

前後半5傑入り。有力馬に追込脚質が多いので、先行力があるのは大きな武器。再度の好走があるかもしれない。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
N9
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

結果は → 成績新聞

Hb_15

<中山9Rホープフルステークスの結果>
1着.6番ハートレー    (3人気)
2着.9番ロードクエスト  (1人気)
3着.8番バティスティーニ (2人気)