■阪神カップを攻略するツボ■

明日の「阪神カップ」を分析。

H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬の3頭が4角5番手以内前後半3ハロンの平均は34秒4-35秒0と前半の方が速いが、重賞級の逃げ&先行馬なら前半34秒台では簡単には止まらない。

過去5年の勝ち馬の3頭が4角5番手以内
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

10~12年の勝ち馬は「推定後半3ハロン」3位以内に該当。ただし、近2年は全体的に「推定前半3ハロン」上位馬の好走が目立つ。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

1番ビッグアーサーは2走前のオパールSでG1級の「ハイブリッド指数」《75》をマーク。

「ハイブリッド指数」=《75》
1

折り合いに不安は残るので、速いペースの方が得意。

馬特記&レース特記=「P速い○」
1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1200mのみで8戦して6戦、2着2回とパーフェクト連対。

「全成績」=【6・2・0・0】
2

京阪杯で上がり最速をマークするが、差し届かずの2着。レースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒だから、脚を余した形だった。

レース特記=「直余力有」
レースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒

2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り。1ハロンの距離延長は克服できるはず。

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り
7_3

5番ウリウリは近走はすべて上がり2位以内。1400m戦は安土城Sでレコード勝ちしている。

近走はすべて上がり2位以内
3

華奢な牝馬で上がりの速い決着が得意なので、上がりの掛かり気味の阪神が課題。

馬特記&レース特記=「上が速○」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

スプリンターズS以来の実戦で仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

【直前情報】
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

13番ロサギガンティアはオーロCで上がり2位をマークして勝利。

オーロCで上がり2位をマークして勝利
4

気難しい面があるので、脚の使い処も難しい。昨年の阪神Cでは2人気で15着。関西圏では3戦して馬券絡みできていない。

馬特記=「気難しい」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

この舞台で複勝率《49.1%》を誇るM.デムーロJの腕次第。

該当コース騎手成績
5_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

2番ダイワマッジョーレは昨年の覇者。近4走は「ハイブリッド指数」=《67》が最高。上位争いは可能でも、勝ち切るまでは厳しいか。

「ハイブリッド指数」=《67》
5

8番ダノンシャークは毎日王冠でハイレベルな相手に4着と健闘。「ハイブリッド指数」は《72》と高く、7歳にしては衰えは少ない。

「ハイブリッド指数」=《72》
6

15番ダンスディレクターはCBC賞で2着。「出遅れ率」が《57%》と高く、先行力がない点は割り引きが必要。

「出遅れ率」=《57%》
4_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

6番サンライズメジャーはキャピタルSを3番手から押し切って勝利。コース替わり、距離短縮も問題ない。

「距離実績」=【0・2・0・1】
3_7

4番テイエムタイホーはこの舞台のタンザナイトSを快勝。阪神コースは5勝をあげる得意の舞台。重賞でも浮上の余地はある。

「コース実績」=【5・0・1・4】
7

7番アクティブミノルはスプリンターズSでも2番手につけるダッシュ力がある。「推定前半3ハロン」1位。短距離戦ではダッシュ力は大きな武器となる。「推定前半3ハロン」2位の14番クラレントの粘り込みにも警戒したい。

「推定前半3ハロン」1位=7番アクティブミノル
6_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」


結果は → 成績新聞

Hb_9

<阪神11R阪神カップの結果>
1着.13番ロサギガンティア (3人気)
2着.15番ダンスディレクター(5人気)
3着.1番ビッグアーサー  (1人気)