■函館記念を攻略するツボ■

函館のメーン「函館記念」を分析。

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」


⇒土曜の特別レースの【コメント新聞】(無料)はコチラから
⇒日曜の特別レースの【コメント新聞】(無料)はコチラから


過去5年で前半34秒台が4回あって、洋芝の中距離戦にしてはペースは速い。勝ち馬はすべて上がり4位以内をマークしている。好位~中団から上位の上がりをマークできるタイプが優勢といえる。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり4位以内
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」のデータを調べておけば、勝ち馬の4頭が「ハイブリッド指数」4番手以上。2頭が「推定前半3ハロン」1位、3頭が「推定後半3ハロン」4位以上に該当。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3_2
⇒元記事はコチラから
⇒データパック(サンプル) はコチラから

11番エアソミュールは鳴尾記念で4着に敗れたが、それ以前は3戦続けて「ハイブリッド指数」=《70》をマークして、G2で2着。

「ハイブリッド指数」=《70》
2_3

折り合いに不安があるので、M.デムーロJが続けて騎乗するのは好材料。

馬特記&レース特記=「行たがる」「掛り気味」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「乗込指数」はメンバー中で最も高く、仕上がりに関しては問題ない。

「乗込指数」1位=11番エアソミュール
Photo_2

*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

あとは57.5キロのトップハンデが課題。

トップハンデ
1

16番マイネルミラノは巴賞を逃げ切り勝ち。前後半36.0秒-35.5秒、後傾の0.5秒のミドルペースで、非常に強い勝ち方だった。

前後半36.0秒-35.5秒(後傾0.5秒のスローペース)
4_3

「推定前半3ハロン」1位の今回も先手を奪う構え。

「推定前半3ハロン」1位=16番マイネルミラノ
2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

丹内Jは過去に重賞1勝のみ。この舞台の複勝率が《19.0%》だから、鞍上次第の面も大きい。

該当コース騎手成績
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

12番デウスウルトは大阪杯で6着、新潟大賞典で13着と大敗。荒れ馬場は得意ではないので、北海道の重い洋芝は合わないかもしれない。

馬特記&レース特記=「渋馬場×」「荒馬場×」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13番レッドレイヴンは巴賞で2着。前走から1キロ減の56キロ。16番マイネルミラノとの0.6秒差をどれだけ詰められるか。

「ハイブリッド指数」=《65》
5_3

7番ラブイズブーシェは昨年の覇者。今年は3ヶ月の休み明けだから、仕上がりがポイント。【直前情報】も参考にしたい。

昨年の【直前情報】
6
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

3歳馬の1番ヤマカツエースは重い芝、荒れ馬場は得意。ハンデ53キロなら、通用するかもしれない。

馬特記=「芝重い○」
レース特記=「荒馬場○」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番ダービーフィズはスタミナがあって、上がりの掛かるレースは得意。初めての函館コースは合うはず。

馬特記=「上が掛○」「スタミ○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位に該当。ハンデ54キロなら、重賞でも末脚は通用してよい。

「推定後半3ハロン」1位=5番ダービーフィズ
3

先週の七夕賞では最低人気のマデイラが波乱を演出。函館記念もフルゲートのハンデ戦だから、一筋縄では収まらないはず。

フルゲートのハンデ戦
6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の上部


⇒土曜の特別レースの【コメント新聞】(無料)はコチラから
⇒日曜の特別レースの【コメント新聞】(無料)はコチラから

結果は → 成績新聞

Hb_14

<函館11R函館記念の結果>
1着.5番ダービーフィズ  (3人気)
2着.3番ハギノハイブリッド(10人気)
3着.1番ヤマカツエース  (7人気)
4着.11番エアソミュール  (1人気)