■福島記念を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

10年~12年は3年連続して、上がり1~3位がワン・ツー・スリー。過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内をマークしている。そのうえ、今年は2番マイネルミラノ、9番ノットフォーマルを始め、前走を4角3番手以内で立ち回った馬が8頭もいる。

過去5年の勝ち馬は上がり5位以内
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「推定前半3ハロン」1位は近2年は馬券絡み。ただし、「推定3ハロン」的にはやや傾向が薄いレースかもしれない。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

5
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

8番ミトラは7歳馬ながら、近走は「ハイブリッド指数」=《60》台後半で安定。

「ハイブリッド指数」=《60》台後半
2_3

57.5キロのトップハンデでも、チャンスの大きな1頭には違いない。

トップハンデ=赤色で表示
1

2番マイネルミラノは新潟記念で2着と好走。渋った馬場は得意としている。

レース特記=「渋馬場○」
10
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1番ヤマカツエースは札幌記念で4着に善戦。ハンデ54キロは魅力。「馬番別連対率」が《14%》と高い最内枠も有利。

ハンデ=54キロ
2

7番ステラウインドは近2走は大敗しているが、福島2000m戦の七夕賞で上がり最速をマークして2着。一変の可能性は考慮しておきたい。

七夕賞で上がり最速をマークして2着
3_3

6番フレイムコードは前走の府中牝馬Sで「ハイブリッド指数」《66》をマーク。軽ハンデ52キロを考慮すれば、今回は「ハイブリッド指数」1番手となる。

「ハイブリッド指数」1番手=6番フレイムコード
4
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【HB指数ランキング】

13番ファントムライトは近2走は上がり3位をマークして3着。

近2走は上がり3位
4_3

2000mでは6戦すべて上がり4位以内をマークして馬券絡みしており、「推定後半3ハロン」1位に該当。

「距離実績」=【1・2・3・0】
「推定後半3ハロン」1位

3

吉田隼Jは福島2000mの複勝率が《42.5%》と高い。先週のアルゼンチン共和国杯のゴールドアクターに続いて、2週連続の重賞制覇のチャンス。

該当コース騎手成績
8
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

その他では「推定後半3ハロン」は12番フラアンジェリコ、3番シャイニープリンス、14番バロンドゥフォール、7番ステラウインドまで上位。

「推定後半3ハロン」
11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

ローカル開催のフルゲートのハンデ戦だけあって、「ハイブリッド指数」的にも混戦模様。

「ハイブリッド指数」的に混戦
5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Fukusimakinen

<福島11R福島記念の結果>
1着.1番ヤマカツエース  (2人気)
2着.8番ミトラ      (1人気)
3着.13番ファントムライト (4人気)