■福島牝馬Sを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5回の福島での施行で前傾1秒4以上のハイペースが3回。他2回も後傾0秒8以内となっており、平坦の小回りコースを意識するためかペースは速い。09年アルコセニョーラ、12年コスモネモシンは4角12番手から連対しており、展開&馬場次第では後方からでも差し届く。

4角9番手以降からでも勝利
 1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

16番パワースポットは近3走は重賞で上位の上がりをマークして好走。7歳牝馬で上積みには乏しいはずだが、近走の充実ぶりは目を見張るものがある。

上位の上がりをマークして好走
2_2

「推定後半3ハロン」2位。横山典Jがこの馬の末脚をどう引き出すか。

「推定後半3ハロン」2位=16番パワースポット
1_5

2番ブランネージュは秋華賞でも4着と好走。2走前は「距離」、前走は「展開」と敗因はハッキリしているので、決して実力負けではない。巻き返しを一考。

レース特記=「距離長」「展開厳い」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番スイートサルサは16番パワースポットと同様、近走は上位の上がりで好走。

愛知杯で上がり3位
中山牝馬Sは出走取消

4_2

「推定後半3ハロン」1位=6番スイートサルサ
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

12番アルマディヴァンは準オープンの幕張Sを快勝。「レースレベル」は《A》と高かった。今年のメンバーなら通用して驚けない。

「レースレベル」=《A》
6

11番ペイシャフェリスの前走の中山牝馬Sは先行勢には展開が厳しく、直線で失速は仕方ない。

前走のレース特記=「展開厳い」
3走前・2走前は1000m通過が57秒台

5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定前半3ハロン」1位。ダッシュ力は一番なので、あとは同型が絡んでこないかどうかだけ。

「推定前半3ハロン」1位=11番ペイシャフェリス
3_4

牝馬限定の低レベル戦。混戦ムード。

「ハイブリッド指数」的に混戦
4_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Hb_17

<福島11R福島牝馬ステークスの結果>
1着.6番スイートサルサ  (3人気)
2着.12番リラヴァティ   (9人気)
3着.1番メイショウスザンナ(13人気)