■フェブラリーSを攻略するツボ■

Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

4番コパノリッキーは昨年のフェブラリーSで、4角2番手から上がり4位をマークして快勝。年明け初戦の東海Sは2番手から上がり2位をマークして0.7秒差で圧勝。「ハイブリッド指数」は《77》と高かった。

「ハイブリッド指数」=《77》
3_2

レースラップのラスト1Fが13.2秒だから、先行有利な展開だった訳でもない。

レースラップのラスト1Fが13.2秒
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

先行して上位の上がりを使えるので、自分の形なら崩れない。馬込みは苦手なので、スタートを巧く決められるかどうかだけ。

馬特記=「馬込△」
レース特記=「アオル」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」1番手&前後半5傑入り。ホッコータルマエが出走しない今回のメンバーなら、連覇の可能性は十分にある。

「ハイブリッド指数」1番手&前後半5傑入り
3_2

11番ワイドバッハはレースラップのラスト1Fが12.0秒だったから、この馬自身はラスト11秒台前半を使っていたはず。

レースラップのラスト1F12.0秒
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近4走すべて上がり最速をマークしており、末脚の安定感は高い。

近4走すべて上がり最速
4_2

「推定後半3ハロン」1位。上がりでは4番コパノリッキーは上回れるはずで、今回もラスト1ハロンで大外から豪快に伸びてくる。蛯名Jも先週までで14勝をあげて、関東で2位と好調。

「推定後半3ハロン」1位
蛯名Jは「関東2位&14勝」

4_2

14番インカンテーションは東海Sでスタート後に大きく躓くアクシデントがありながら、上がり最速で豪快に追い込んで3着。

レース特記=「躓く」
レース内容=「S躓き離れた最後方」

5_2

4走前のラジオ日本賞以前の5戦は4角2~4番手で立ち回っており、「4角5番手内率」は《64%》もある。内田騎手なら積極的に先行策を取るかもしれない。

「4角5番手内率」=《64%》
1_2

大トビの中距離タイプなので、距離短縮は課題のひとつ。

馬特記=「大トビ」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1番ローマンレジェンドは昨秋のチャンピオンズCで3着、東京大賞典で5着。高速馬場を得意としており、距離短縮は克服できてよい。

馬特記=「時計速○」
レース特記=「高速場○」

6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番ハッピースプリントは東京大賞典、川崎記念が4着とはいえ、勝ち馬とは1秒以上も離されている。「ハイブリッド指数」はオープン並みの《63》《65》程度しかなく、G1で勝ち負けまでは厳しいか。

「ハイブリッド指数」=《63》~《65》
9

同じ明け4歳勢なら、5番カゼノコが上。川崎記念ではホッコータルマエに0.1秒差まで迫ったのは立派。2走続けて「ハイブリッド指数」は《70》を超えており、2走前のチャンピオンズCでは上がり2位をマーク。

チャンピオンズCで上がり2位
7

「推定後半3ハロン」2位。1600mの距離経験がなく、ベストは4勝中、3勝をあげる1800mかもしれないが、明け4歳で底を見せていない点は魅力。

初のマイル戦
「推定後半3ハロン」2位
2_2

8番レッドアルヴィスはすばるSは4角2番手から、上がり最速35.1秒をマークして快勝。レースラップのラスト2F11.5秒-12.3秒と優秀。この舞台のユニコーンSを勝利しており、距離延長も問題ない。

レースラップのラスト2F11.5秒-12.3秒
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

過去5年で前後差0秒6~2秒0の前傾ラップが4回、前後半3ハロンの平均は35秒1-36秒1となっており、例年のようにペースが厳しくなる。その結果として勝ち馬はすべて上がり5位以内。基本的には先行有利なダート戦だが、上位の上がりが必要。

過去5年の勝ち馬は上がり5位以内
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

2012年のフェブラリーSは「推定後半3ハロン」1位テスタマッタ、2位シルクフォーチュン、3位ワンダーアキュートの決着だった。果たして今年の「推定後半3ハロン」上馬はどの馬か?

2012年は「推定後半3ハロン」1位→2位→3位で決着
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

今年は「推定前半3ハロン」2位&「推定後半3ハロン」4位の4番コパノリッキーが好位から抜け出すはず。「推定後半3ハロン」1位の11番ワイドバッハ、2位の5番カゼノコ、4位の14番インカンテーションが何処まで迫れるか。

「推定後半3ハロン」上位に注目
11_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

結果は → 成績新聞

Hb_16

<東京11Rフェブラリーステークスの結果>
1着.4番コパノリッキー  (1人気)
2着.14番インカンテーション(5人気)
3着.10番ベストウォーリア (3人気)