■ファンタジーSを攻略するツボ■

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の前後半の平均は34秒6-35秒1、昨年以外の4年は前半の方が速い前傾ラップとなっている。ただし、勝ち馬の4頭が4角3番手以内で立ち回っており、全体的には逃げ&先行馬の好走が目立つ。

過去5年の勝ち馬の4頭が4角3番手以内
1_8
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年すべて「推定前半3ハロン」1位、「推定後半3ハロン」1位のいずれかが馬券絡み。勝ち馬の3頭が「ハイブリッド指数」3番手以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

6番ブランボヌールは新馬戦、函館2歳Sと連勝。「ハイブリッド指数」は古馬1000万下並みに《56》と高い。

「ハイブリッド指数」=《56》
2_8

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り。無傷の3連勝のチャンスは十分。

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り
1_4

4番アドマイヤリードは牡馬の重賞級のシルバーステート相手に初戦で上がり最速をマークして勝利。レースラップのラスト2F11.1秒-11.4秒は秀逸。

レースラップのラスト2F11.1秒-11.4秒
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

400キロに満たない馬体なので、成長しているかどうか。

馬体重=398キロ
3_3

キャリアの浅い2歳戦だから、【直前情報】にも注目したい。

天皇賞(秋)の【直前情報】
2_6
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

9番メイショウスイヅキも同舞台のもみじSで牡馬相手に勝利。デビューから3戦すべて上がり最速をマークしている点は評価できる。

3戦すべて上がり最速
4_3

「推定後半3ハロン」1位。今回もラストは鋭く伸びてくるはず。

「推定後半3ハロン」1位
2_3

武豊Jは京都14000mは複勝率が《44.4%》と高い。

該当コース騎手成績
3_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

11番キャンディバローズは好位からよい脚が使える。距離短縮は問題ない。

4角3番手→上がり2位
5_2

初戦で瞬発力を発揮。ディープインパクト産駒なので、京都の軽い芝は合うはず。

レース特記=「芝軽い○」「瞬発力○」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7番ワントゥワンは初戦の中京1400mを4角5番手→上がり最速をマークして0.4秒差で快勝。「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」ともに上位。キャリア1戦でも、今年のメンバーなら太刀打ちできるか。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

3番メジェルダは函館2歳Sを含めて、3戦連続して先手を奪っている。展開ひとつで逃げ粘るシーンがあるかもしれない。

3戦連続して4角先頭
6_2

単行本「京大式推定3ハロン 実践攻略データブック」に書いてあるとおり、京都の芝1200m~1400mは「推定前半3ハロン」1位の単勝回収率が100%を超える。

京都の「推定3ハロン」
1
単行本「京大式推定3ハロン 実践攻略データブック」の110~111ページ

3番メジェルダが今回のメンバーでダッシュ力は一番。この馬が逃げ残るシーンは想定しておきたい。

「推定前半3ハロン」1位=3番メジェルダ
5_2

結果は → 成績新聞

Hb_7

<京都11Rファンタジーステークスの結果>
1着.11番キャンディバローズ(5人気)
2着.3番メジェルダ    (6人気)
3着.6番ブランボヌール  (1人気)
4着.7番ワントゥワン   (4人気)