■エルムSを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

⇒土曜の特別レースの【コメント新聞】(無料)はコチラから
⇒日曜の特別レースの【コメント新聞】(無料)はコチラから

12年&14年はローマンレジェンドが4角2番手から抜け出して勝利。過去5年の勝ち馬はすべて4角4番手以内、上がり2位以内をマークしている。

過去5年の勝ち馬は4角4番手以内→上がり2位以内
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去3年の「推定3ハロン」をみても、連対馬はすべて「推定前半3ハロン」5位以内に該当。

過去3年の「推定3ハロン」
1_2

好位から上位の上がりをマークするのが必勝パターンといえる。人気薄を狙うなら逃げ&先行馬。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

12番クリノスターオーは帝王賞で6着。揉まれ弱い面があるので、外から被される形が悪かった。

レース特記=「外被る×」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」=《70》超えを連発しているとおり、前走が力負けでないのは明らか。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
3_3

「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」ともに5傑入り。先行力があるので、少頭数の札幌1700m戦は向いている。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示

11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

4番ジェベルムーサは「出遅れ率」が《57%》と高い。スタートダッシュが遅いので、後方からのレースを強いられる。

「出遅れ率」=《57%》
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

にも関わらず、「ハイブリッド指数」は《70》をマークしており、重賞を勝てる実力はある。

「ハイブリッド指数」=《70》
4_2

道中で捲くり切れるかどうかがカギだが、岩田Jは札幌ダート1700m戦での複勝率《49.1%》はかなり高い。

該当コース騎手成績
3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

5番グレープブランデーは実績上位だが、58キロの斤量は楽ではない。

斤量58キロ
2

10番ゴールスキーは折り合いに不安があるので、距離延長はマイナス材料。

レース特記=「掛り気味」「掛かる」「行たがる」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番カチューシャはマリーンSで大敗も、1角で挟まれる不利があって参考外。大沼Sでジェ4番ベルムーサ、13番ソロル相手に2着しており、巻き返しを警戒しておきたい。

レース特記=「不利」
レース内容=「1角挟まれ鞍ズレし何もできず。」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】

13番ソロルは近2走で4番ジェベルムーサと互角の争い。「推定後半3ハロン」1位。今回のメンバーでは末脚は最上位に評価。

「推定後半3ハロン」1位=13番ソロル
1

土曜のダートは4クラあって、「上がり最速馬」が全勝。4番ジェベルムーサが早めに動いて、12番クリノスターオーを牽制すれば、チャンスは広がる。

「上がり最速馬」=【4・0・0・0】
4
ハイブリッド新聞の上部に掲載の「馬場傾向」

⇒土曜の特別レースの【コメント新聞】(無料)はコチラから
⇒日曜の特別レースの【コメント新聞】(無料)はコチラから

結果は → 成績新聞

Hb_17

<札幌11Rエルムステークスの結果>
1着.4番ジェベルムーサ  (2人気)
2着.5番グレープブランデー(5人気)
3着.8番エーシンモアオバー(7人気)