■オールカマーを攻略するツボ■

「オールカマー」を分析。

4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の前後半の平均は35秒9-35秒6。勝ち馬の2頭が「推定前半3ハロン」2位以内、3頭が「推定後半3ハロン」3位以内。「推定3ハロン」的には傾向は薄いレース。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

Photo
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

4番ヌーヴォレコルトは中山記念、宝塚記念で「ハイブリッド指数」=《70》超えをマーク。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
1

「ハイブリッド指数」1番手。牡馬の一線級とも互角に戦える実力がある。

「ハイブリッド指数」1番手=4番ヌーヴォレコルト
5
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【HB指数ランキング】

6番ロゴタイプは中山記念で4番ヌーヴォレコルトでクビ差の2着。

「ハイブリッド指数」=《73》
2

大阪杯では5着とパフォーマンスを落としており、距離は1800mがベスト。距離延長を克服できるかがカギ。

レース特記=「適距離」「距離長」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

中山では朝日杯FS、皐月賞の勝利を含めて、6戦すべて3着以内に好走。「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」ともに5位。直線の短い中山では先行力が活きる。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
N11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「推定前半3ハロン」1位は10番メイショウカドマツ。先週のセントライト記念は「推定前半3ハロン」2位、1位で馬連万馬券。人気薄の粘り込みには注意。

セントライト記念の「推定3ハロン」
 3f_10
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

5番マイネルミラノは新潟記念で2番手から粘り込んで2着。渋った馬場を得意としているので、直線で雨が降ったのが向いた。時計、上がりが掛かる中山は向く。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番ショウナンパンドラは宝塚記念で3着。最内枠で内ラチ沿いをロスなく立ち回れたアドバンテージが大きかった。今回も内枠を引けたのは大きい。

レース特記=「内枠○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

15番サトノノブレスは金鯱賞で2着の後、有馬記念、日経新春杯ともに11着と大敗。8ヶ月の休み明けだから、実戦を一度、使ってからか。

8ヶ月の休み明け
6

14番マリアライトは潮来特別、緑風Sで上がり最速をマークして勝利。マーメイドSは人気を背負っていたため、早めに動かざるを得なかったもの。

潮来特別、緑風Sで上がり最速をマークして勝利
1

*画像はPC版の【コメント新聞】

「上がり3位内率」は《90%》とかなり高く、「推定後半3ハロン」1位に該当。牡馬相手で人気落ちの今回は、末脚勝負に徹することができるはず。

「上がり3位内率」=《90%》
「推定後半3ハロン」1位
6

結果は → 成績新聞

Hb_13

<中山11Rオールカマーの結果>
1着.3番ショウナンパンドラ(3人気)
2着.4番ヌーヴォレコルト (1人気)
3着.9番ミトラ      (7人気)