■スワンSを攻略するツボ■

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

13頭立てと頭数は手頃。11番ミッキーアイルは初の古馬との対戦となった安田記念で16着と大敗。軽い芝の方が得意なので、道悪が合わなかった(「芝軽い○」「道悪×」)。

レース特記=「芝軽い○」「道悪×」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2戦目以降は逃げて5連勝を飾っている。逃げ馬不在の今回は「推定前半3ハロン」が抜けて速く、マイペースで逃げられるはず。

「推定3ハロン」断トツ1位=オレンジ色で表示
3_2

昨年は8番人気だった「推定前半3ハロン」1位のコパノリチャードが逃げ切り勝ち。

「推定前半3ハロン」断トツ1位=コパノリチャード
Photo_12
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

久保の馬券★9万円超え2発目★
4811
単勝 20.5×3000円=6万1500円
馬連 67.7×500円=3万3850円
購入8000円 払戻9万5350円

「4角先頭馬」はジョーカプチーノ(10年=3着、11年=2着)、テイエムオオタカ(12年=2着) と4年連続して馬券絡みしている。

過去5年
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

京都外回り1400m戦はペースが落ち着きやすく、逃げ馬&先行馬の好走が目立つ舞台といえる。この舞台なら逃げ粘れるか。

5番フィエロも軽い芝が得意なディープ産駒だから、安田記念は道悪が合わなかった。

レース特記=「道悪×」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レコード決着だったマイラーズCで2着しており、軽い芝の高速決着は得意。近3走の「ハイブリッド指数」は《70》を超えている。得意の京都なら、ラストは鋭く伸びてくる。

「ハイブリッド指数」《70》超え
5_2

12番サンライズメジャーは京都が4勝と好相性。ただし、「出遅れ率」が《59%》と高い点は短距離戦では気になる材料。

「出遅れ率」=《59%》
10
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

6番ベルカントは2歳時に同舞台のファンタジーSを勝利。一戦ごとに「ハイブリッド指数」を伸ばしてきている。そろそろ古馬相手に通用する頃。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
6_2

2番オリービンは阪神が14戦10連対に対して、京都は6戦すべて着外と相性はよくない。

京都は6戦すべて着外
7_2

1番ウイングザムーンの前走は不利を受けるなど、スムーズさを欠く内容。

レース特記=「スム欠く」「不利」
8_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近3走の上がりは32.1秒、32.2秒、33.2秒と速い。

近3走の上がりは32.1秒、32.2秒、33.2秒

9_2

「推定後半3ハロン」は5番フィエロに次いで2位。京都なら重賞でも上位の上がりをマークできるはず。

「推定後半3ハロン」2位=1番ウイングザムーン
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

結果は → 成績新聞

Hb_2

<京都11Rスワンステークスの結果>
1着.11番ミッキーアイル  (1人気)
2着.12番サンライズメジャー(4人気)
3着.5番フィエロ     (2人気)