■ラジオNIKKEI賞を攻略するツボ■

C11_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

4番クラリティシチーは東京スポーツ杯2歳S、スプリンターズSと重賞で3着2回の実績。皐月賞は「ハイブリッド指数」《57》だから、G3のメンバーなら上位。

「ハイブリッド指数」=《57》
3_2

7番ショウナンワダチも「ハイブリッド指数」的には互角だが、上昇度という点では物足りない。

「ハイブリッド指数」的に上昇がスロー
4

56キロのトップハンデも微妙か。

トップハンデは水色で表示
9

12番ミヤビジャスパーは上がりの速い決着が微妙。時計、上がりの掛かる福島の馬場は合うはず。

レース特記=「上が速×」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番ウインマーレライは追って頭が上がるので、良い脚が少ししか使えない。果たして相手弱化で弱点を補えるかどうか。

レース特記=「追頭上る」「良脚少し」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

11番ラリングクライはデビューから3戦すべて上がり最速をマーク。

3戦すべて上がり最速
5

「推定後半3ハロン」1位。まだ底を見せていない末脚は魅力十分。54キロなら重賞でも通用してよい。

「推定後半3ハロン」1位=11番ラリングクライ
6

戸崎騎手はファイナルフォームで2年前にこのレースを制している。福島1800mの複勝率は《39.1%》と高い。

該当コース騎手成績
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「推定後半3ハロン」4位の5番ベストドリームも人気薄で馬券妙味あり。

「推定後半3ハロン」を重視か
8
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

ちなみに福島で施行された近4回の勝ち馬はすべて上がり3位以内。10番人気以下で馬券絡みした09年サニーサンデー(13番人気・2着)、12年オペラダンシング(16番人気・3着)、13年カシノピカチュウ(14番人気・2着)の3頭もすべて上がり5位以内をマークしている。「推定後半3ハロン」重視か。

近4回の勝ち馬は上がり3位以内
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 の上部

結果は → 成績新聞

Hb_6

<福島11RラジオNIKKEI賞の結果>
1着.9番ウインマーレライ (5人気)
2着.4番クラリティシチー (1人気)
3着.3番ウインフェニックス(7人気)