■クイーンSを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

札幌で行われた近3年の勝ち馬は4角5番手以内で立ち回っている。

近3年の札幌の勝ち馬は4角5番手以内
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 の上部

そして、土曜の芝は6クラ中で「4角先頭馬」が4勝をあげていた。先行有利の馬場とみてよさそうだ。

「4角先頭馬」=【4・0・1・1】
1_2
ハイブリッド新聞の上部に掲載の「馬場傾向」

6番スマートレイアーは1人気に支持されたヴィクトリアMで伸び切れず8着止まり。ただし、直線で挟まれてゴチャつくなど、スムーズさを欠き気味のレース内容だった。

前走のレース特記&レースコメント
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2走前の阪神牝馬Sでは「ハイブリッド指数」が《70》台に到達しており、1800mは4戦3勝と得意としている。この距離なら巻き返せてよい。

2走前の「ハイブリッド指数」《70》&1800m実績=【3・0・0・1】
2

2番キャトルフィーユは格上挑戦のG3で3走連続して2着して、ヴィクトリアMでも0.1秒差の5着と健闘。渋った馬場、荒れ馬場は得意としているので、札幌の洋芝はこなせるはず。

馬特記=「渋馬場○」&レース特記=「荒馬場○」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入りに該当。初重賞制覇のチャンスは十分。

「ハイブリッド指数」1番手&前後半5傑入り
8

8番アロマティコは巴賞で牡馬相手に上がり最速をマークして差し切り勝ち。昨年の準オープン以来、約11ヶ月ぶりの勝利をあげた。

巴賞で上がり最速をマーク
3

「上がり3位内率」の《90%》は現役馬の中でも高く、ラストは確実によい脚を使うタイプ。今回も「推定後半3ハロン」1位に該当。

「上がり3位内率」=《90%》&「推定後半3ハロン」1位
4

鞍上の三浦Jは札幌1800mの舞台で複勝率《37.2%》と高く、北海道では好成績をあげている。展開ひとつで浮上の余地あり。

該当コース騎手成績
7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の 【データシート】

12番ディアデラマドレは格上挑戦だったマーメイドSで上がり最速をマークして勝利。ただし、時計の速い決着が得意なので、札幌の洋芝は合わないかもしれない。

レース特記=「上が速○」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番マーブルカテドラルはオークス6着以来の実戦。3歳牝馬で斤量も軽く、「社台系」の所属馬は北海道では好走しやすい印象。

「社台系」は分かり易く表示
6

「推定前半3ハロン」1位は1番ケイアイエレガント。福島牝馬Sを逃げ切るなど、近3走は牝馬限定の重賞で好走。最内枠から先手を奪って、逃げ粘るシーンを一考しておく。

「推定前半3ハロン」1位=1番ケイアイエレガント
5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

一昨年は本命のアイムユアーズが勝って、相手候補のラブフールが2着。馬連50.7倍を2点、3連複130.0倍を15点で的中。10万円超えの払い戻しに成功した。果たして今年はどうか。

一昨年のクイーンSの「推定3ハロン」
3f2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

★馬連2点&3連複万馬券★
1411
馬連 50.7×1000円=5万700円
3連複 130.0×500円=6万5000円
購入1万500円 払戻11万5700円

結果は → 成績新聞

Hb_6

<札幌11Rクイーンステークスの結果>
1着.2番キャトルフィーユ (2人気)
2着.8番アロマティコ   (6人気)
3着.6番スマートレイアー (1人気)