■マイルCSを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬は上がり4位以内をマーク。2連続開催で馬場が荒れてきているので、先行力だけでは押し切れない。京都の瞬発力勝負が得意なディープ産駒が6頭、出走してきたのが大きなポイントか。

過去5年の勝ち馬は上がり4位以内
1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

その中で昨年の覇者が13番トーセンラー。4角14番手から、上がり最速33.3秒で豪快に差し切り勝ち。京都大賞典からの参戦は昨年と同じローテーション。

4角14番手→上がり最速33.3秒
2

京都では11戦して6連対、3着は一度しか外していない。軽い芝の瞬発力勝負は得意で、このコースでは抜群の安定感を誇っている。

馬特記=「上が速○」「京都向き」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

15番ミッキーアイルはスワンSは途中からハナを奪って、そのまま押し切り勝ち。

前走のレースコメント
5
*画像はPC版の【コメント新聞】

13頭立てと頭数が少なく、前後半35.1秒-33.9秒の後傾1.2秒のスローペースだったので、展開に恵まれたのも確か。

前後半35.1秒-33.9秒(1.2秒の後傾ラップ)
3

「推定前半3ハロン」1位の今回も1番ホウライアキコを途中から交わして、マイペース逃げに持ち込むか。ただし、マイルG1を逃げ切るのは容易ではない。

「推定前半3ハロン」1位=15番ミッキーアイル
1

8番フィエロはスワンSで最後のひと伸びを欠いたのは休み明けで14kg増が堪えた。

馬体重=14kg増
4_2

11戦して3着以内が9回もあって、京都では4戦すべて3着以内。ディープ産駒らしく、平坦コースの瞬発力勝負は得意。

馬特記=「芝軽い○」「時計速○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

マイラーズCでは1分31秒6のレコードに対応しており、当時の上がりが33.2秒と速い。「ハイブリッド指数」も《72》と高かった。

マイラーズCの「ハイブリッド指数」=《72》
5_2

福永Jはこの舞台の複勝率が《44.7%》と高い。今秋のG1は5戦すべて重賞未勝利馬が勝利。そのトレンド的には、この馬に順番が回ってくるかもしれない。

該当コース騎手成績
Photo_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

11番クラレントは関屋記念、京成杯AHと新潟1600mの重賞を連勝。重賞6勝の実績は今回のメンバーでも上位。5歳秋の今がピークの状態。

「ハイブリッド指数」=《72》
8_2

12番ダノンシャークは以前より先行力は身についている反面、近4走では上がり6位が最高で、末脚は鈍っている。

上がり6位止まり

9_2

「追切指数」「乗込指数」ともに高く、年齢的な衰えは感じられない。

「追切指数」1位&「乗込指数」3位

Photo_3

*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

ただし、思い切って脚を溜めるレースがしたい所だが、近走のレースを見る限り、抑え込むのは難しそうな印象。

レース特記=「脚使処難」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番ワールドエースは東京コースに実績がなかったとはいえ、外枠が堪えた上、道中も折り合いを欠き気味。しかも、4角であれだけ後方から大外を回っては届かない。

前走のレースコメント
7
*画像はPC版の【コメント新聞】

マイラーズCでG1並みの「ハイブリッド指数」《74》をマークしており、当時のパソーマンさえできればG1も勝てる。。

「ハイブリッド指数」=《74》
6_2

京都では3歳春のきさらぎ賞を快勝しており、3戦すべて連対。

京都実績=【2・1・0・0】
7_2

「推定後半3ハロン」1位。休み明け2走目、コース替わりなど、前走より条件が向くのに対して、人気が落ちる今回が馬券的には狙い目。

「推定後半3ハロン」1位=9番ワールドエース
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

過去10年で5歳馬が半数の5勝をあげているデータも後押しする。

「推定後半3ハロン」4位は5番レッドアリオン。近2走の上がり最速32秒8は優秀。「出遅れ率」が《40%》と高いので、スタートを決められるかがカギ。

「出遅れ率」=《40%》
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「基準ハイブリッド指数」の《75》超えがおらず、《70》台前半で拮抗。近年のマイルG1は主役不在で、展開や枠順に左右されやすい。

「基準ハイブリッド指数」超えはゼロ
Photo_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

それなら、京都マイル戦でモノを言うのはディープ産駒特有の瞬発力か。

馬特記=「芝軽い○」「時計速○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

結果は → 成績新聞

Hb_14

<京都11Rマイルチャンピオンシップの結果>
1着.12番ダノンシャーク  (8人気)
2着.8番フィエロ     (3人気)
3着.3番グランデッツァ  (9人気)