■マーチSを攻略するツボ■

明日の中山ではマーチSが行われる。

Photo_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

昨年は「推定後半3ハロン」1位のグランドシチーが勝利。単勝+3連複が的中して、4万円超えの払い戻しとなった。

「推定後半3ハロン」1位=グランドシチー

Photo_13
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

単勝&3連複が的中
3211
単勝 4.1×5000円=2万500円
3連複 41.0×500円=2万500円
購入1万2500円 払戻4万1000円

1番グランドシチーはJCダートで上がり3位、東海Sで上がり最速をマークするなど、7歳でも衰えは感じさせない。

近走も上位の上がりをマーク
Photo_5

今年は58.5キロのトップハンデを背負うので、普段より差し脚が鈍るかもしれない。それでも、6戦5連対の得意の中山なら軽視はできないか。

トップハンデは赤色で表示
Photo_6

10番エーシンゴールドはアルデバランSを快勝。常に「レースレベル」《S》《A》と高く、ハイレベルなレースで戦ってきている。それでいながら、デビューから6戦して、3着を外していない点は立派。

「レースレベル」=《S》《A》
Photo_8

13番クリソライトはジャパンダートダービーで10番エーシンゴールドに1.3秒差をつけて勝利。今回はJCダートで大敗した以来、3ヶ月の休み明け。「追切指数」が「栗坂」で《47》と高く、状態は戻ってきている。

「追切指数」=《47》
Photo_9

2番ドコフクカゼは仁川Sで2着。立回りの巧さがあるので、このうち枠は向いている(=「内枠○」)。

レース特記=「内枠○」
Photo_10
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番ジェベルムーサは全8戦中、上がり最速を5回マーク。特に近2走の中山での上がり最速36秒台は優秀。

近2走は中山で上がり最速36秒台

Photo_12

「上がり3位内率」も《87%》と高く、「推定後半3ハロン」も抜けて速い。

断トツ1位はピンク色で表示
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

550キロ超えの超大型馬なので、パワーのいる中山は合っている。

レース特記=「中山向き」
Photo_11
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ



結果は → 成績新聞

Hb_6

<中山11Rマーチステークスの結果>
1着.15番ソロル      (3人気)
2着.5番ジェベルムーサ  (2人気)
3着.2番ドコフクカゼ   (5人気)