■共同通信杯を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」


過去5年の前後半の平均は36.4秒-34.2秒と前半がかなり遅い。ただ、先行有利かと思いきや、勝ち馬はすべて上がり3位以内。スローペースからの瞬発力勝負となっている。

過去5年の勝ち馬は上がり3位以内
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

7番イスタボニータは東京スポーツ杯2歳Sをレコードで勝利。「ハイブリッド指数」は《55》に到達していた。上がり最速はないものの、すべて上がり2~5位と安定。

すべて上がり2~5位
Photo_4

過去4戦は東京で3走、新潟で1走。トビが大きい(=「大トビ」)ので広いコースを選んで出走してきている。今回も東京コースであれば、有力馬の1頭には違いない。

馬特記=「大トビ」
Photo_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

あとは3ヶ月ぶりで仕上がっているか、成長してるかどうか。「追切指数」「乗込指数」【直前情報】に注目したいところ。

東京スポーツ杯2歳Sの【直前情報】
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

5番サトノアラジンも7番イスラボニータと同じく「大トビ」のタイプ。510kg超えの大型馬で、ディープ産駒の割りには加速が遅い。

レース特記=「加速遅い」
Photo_6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

上がり最速が一度もなく、上がり2位が2回。恐らく実力より人気が先行するタイプなので、馬券的な妙味はないかもしれない。

上がり2位が2回
Photo_7

14番ガリバルディは2戦目の未勝利戦の勝ち方が強烈。特に上がり最速33.8秒は上がり2位に1.2秒差で断トツだった。

上がり最速(上がり2位1.2に秒差)
Photo_9

前走は物足りない面はあるものの、上がりはは2位。3戦すべて上がり33.6~33.8秒は評価できる。

6番ショウナンワダチは朝日杯FSは大外枠が厳しかったので仕方ない。むしろ、出遅れて外を回りながら、上がり3位なら優秀。

朝日杯FSで上がり3位
Photo_10

新馬戦、ベゴニア賞では上がり最速をマークして2連勝。得意の東京コースに替われば、持ち前の瞬発力が発揮できるはず。

「推定後半3ハロン」1位=6番ショウナンワダチ
11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

4番ローハイドは2走前に上がり最速をマークして勝利。そして、前走も自己最速となる上がり最速33.5秒をマーク。一戦ごとの上積みは大きい。重賞でも通用してよい。

近2走は上がり最速
Photo_11

結果は → 成績新聞

2014012611r

<中京11R東海ステークスの結果>
1着.14番ニホンピロアワーズ(1人気)
2着.12番グランドシチー  (3人気)
3着.3番マイネルバイカ  (8人気)

11_5

サイト | BLOG | メルマガ