■京都2歳Sを攻略するツボ■

Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬からヴィクトワールピサ、エピファネイアと2頭のG1馬を輩出。

過去5年でG1馬を2頭も輩出
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

今年からG3へ格上げされたが、8頭立てと少頭数に落ち着いた。

今年からG3へ&8頭立て
4_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

7番ティルナノーグは2戦目の紫菊賞で上がり最速33.1秒をマークして、当時の2歳のコースレコードで勝利。

上がり最速33.1秒で勝利
1

レースラップのラスト2F11.1秒-11.3秒を最後方から差し切ったのだから、かなりの瞬発力を秘めているのは間違いない。

レースラップのラスト2F11.1秒-11.3秒
レース特記=「上が速○」

2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」は既に古馬500万基準の《50》を超えている。「推定後半3ハロン」1位。前走と同じ舞台なら、鮮やかに差し切れてよい。

「推定後半3ハロン」1位=7番ティルナノーグ
1_3

3番ダノンメジャーも野路菊賞を上がり最速33.1秒で制して2連勝。

上がり最速33.1秒で勝利
3

レースラップのラスト2F10.9秒-11.9秒の不向きな流れを差し切ってみせた。この馬も相当な瞬発力を秘めている。距離延長が課題だが、レースセンスはよいので、対応できるはず。

レースラップのラスト2F10.9秒-11.9秒
レース特記=「上が速○」「R振スム」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」は2頭が33秒台で抜けて速い。2頭の一騎打ちムード。

「推定後半3ハロン」は2頭が33秒台
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

6番ベルラップは超Sペースの黄菊賞を2番手から押し切り勝ち。今回も積極策で挑んでくるはず。

4角2番手→上がり33.6秒
7

1番フローレスダンサーはアルテミスSで上がり最速33.5秒をマークして4着。ただし、牡馬と2000mの距離を走るのは厳しいかもしれない。

上がり最速33.5秒をマーク
6

2番エイシンライダーは2戦ともに2番手から抜けだして勝利。少頭数でスローペースの瞬発力が予想されるので、上がり33秒台への対応が課題。

4角2番手→上がり34秒台
5

「追切指数」が《58》と高く、調教では最も動いている。「推定前半3ハロン」1位。今回のメンバーなら展開利も見込める。

「追切指数」=《58》
「推定前半3ハロン」1位

3_3

「基準ハイブリッド指数」の《50》を既に7番ティルナノーグが超えている。少頭数でハイレベルな一戦なので、紛れる余地は少ない。

「基準ハイブリッド指数」超え=7番ティルナノーグ
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

7番ティルナノーグは恐らく1倍台前半~中盤だから、この馬から購入する場合、単勝系の馬券に妙味はない。馬連、3連複の選択肢しかない。いかに券種選択して、点数を絞って買うかがカギ。


結果は → 成績新聞

Hb_8

<京都11R京都2歳ステークスの結果>
1着.6番ベルラップ    (6人気)
2着.3番ダノンメジャー  (2人気)
3着.5番シュヴァルグラン (5人気)