■北九州記念を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

小回りコースの短距離戦ともなれば、基本的には逃げ&先行馬が圧倒的に有利。ただし、このレースは前後半32.3秒-34.8秒と前半の方が2秒以上も速い。結果として、勝ち馬はすべて上がり3位以内をマークしている。

過去5年の勝ち馬は上がり3位以内

1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

そのうえ、近2年が1分6秒台で決着するなど、速い時計への対応力も重要となる。【コメント新聞】では馬特記&レース特記に「時計速○」のある馬が有利。

レース特記=「時計速○」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

11番エピセアロームは2歳時に同舞台の小倉2歳Sを快勝。3歳で挑戦した一昨年の北九州記念で3着。小倉は【1・0・1・0】と得意している。

小倉実績=【1・0・1・0】

3

前走のCBC賞で2着に好走して、夏場暑くなるにつれて調子を上げてくるタイプ。鞍上の浜中Jは今回の騎手中、複勝率が《39.4%》と最も高い。今回も好勝負に持ち込めてよい。

該当コース騎手成績
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

17番ベルカントはCBC賞で逃げて0.4秒差の5着。逃げ切りが難しい中京の舞台なので、全く評価を下げる必要はない。ただし、上がりはフィリーズRの4位が最高となっており、上がり優勢のこのレースの傾向には合わない。

フィリーズRの上がり4位が最高
4

他に14番アンバルブライベン、4番アイラブリリなど快速馬がいるので、「推定前半3ハロン」は4位止まり。Hペースに巻き込まれる危険はある。

「推定前半3ハロン」4位=17番ベルカント
11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

15番ニンジャは近4走が3~5着と善戦。昨年の北九州記念では上がり2位をマークして2着。「推定後半3ハロン」3位。昨年より1キロ増のハンデ54キロなら、今年もチャンスは十分か。

「推定後半3ハロン」3位=15番ニンジャ
1

13番メイショウスザンナは初の1200m戦となったテレビユー福島賞で上がり最速をマークして快勝。近走にはない鋭い末脚を見る限り、よほど初めての1200m戦が合っていたのだろう。

テレビユー福島賞で上がり最速
7

「推定後半3ハロン」1位。ハンデ53キロなら一発の魅力は十分。この距離なら重賞でも上がり最速をマークできてよい。

「推定後半3ハロン」1位=13番メイショウスザンナ
2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

12番リアルヴィーナスは2走前に京都1200mの舞台で、4角7番手→上がり最速33.5秒をマークして、1分7秒5の好時計勝ち。上がりは33.5秒で最速だった。

葵Sで上がり最速33.5秒
5

馬場が悪かった中京では大敗したが、軽い芝の小倉なら、巻き返しても不思議ではない。

レース特記=「芝軽い○」「芝重い×」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

一昨年には3連単99万馬券が飛び出すなど、波乱の色が強いハンデ重賞。「ハイブリッド指数」はやや11番エピセアロームがリードだが、その他は《64》《66》で拮抗している。

「ハイブリッド指数」は《64》~《66》で拮抗
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

11

<小倉11R北九州記念の結果>
1着.1番リトルゲルダ   (8人気)
2着.8番メイショウイザヨイ(13人気)
3着.7番カイシュウコロンボ(17人気)