■きさらぎ賞を攻略するツボ■

明日の京都の重賞、きさらぎ賞を分析。

Photo_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内をマーク。前後差1秒以上のSペースが3回あるものの、京都外回り戦ということで上位の上がりが要求される。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内
Photo_8
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

5番バンドワゴンは2走続けて、4角先頭→上がり最速をマークして圧勝。「レースレベル」はそれぞれ《A》《S》だった。他馬が太刀打ちできないのも無理はない。

2戦続けて4角先頭→上がり最速

Photo_9

今回は「ハイブリッド指数」が《55》を超えてくるはず。「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」ともに2位。2番手追走から、直線で楽々と抜けてくるとみている。

「推定前半3ハロン」2位&「推定後半3ハロン」2位
Photo_7

強敵は1番トーセンスターダム。5番バンドワゴンと同様、デビュー2戦ともに上がり最速をマークして勝利している。

2走連続して上がり最速で勝利
Photo_11

瞬発力が持ち味のディープ産駒なので、上がりの速い京都がベスト。血統背景、厩舎的にはクラシックへ駒を進めるはず。

レース特記=「上が速○」
Photo_10
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4番サトノルパンは2戦目&3戦目で上がり最速をマークしている。1番トーセンスターダムと同様、ディープ産駒なので京都の方が合っているはず。

2戦目&3戦目で上がり最速
Photo_12

ただ、折り合いに不安のあるタイプだから、少頭数のSペースは歓迎ではない。3人気の人気ほどの信頼度はないか。

レース特記=「掛り気味」

Photo_13
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7番ピークトラムは2番人気に推された白梅賞では10着と大敗。「+14kg」の大幅馬体増が堪えたか。その前のひいらぎ賞では「-16kg」と減っており、大幅に馬体重が変動するタイプ。

14キロの大幅馬体増
Photo_14

全8戦中では4角5番手以内が5回、「4角5番手内率」は《62%》。そして、上がり3位以内も5回あって、「上がり3位内率」も《62%》と高い。「ハイブリッド指数」3番手&前後半5傑入りなら、巻き返しがあってよい。

「ハイブリッド指数」3番手&前後半5傑入り
Photo_8

8番オールステイは7戦中、4角先頭が6回もある。梅花賞は6着といっても、勝ち馬と0.4秒差。強引にでも先手を奪えば、3着に逃げ残る可能性はあるか。 キャリアの浅い2歳戦だから、【直前情報】も参考にしたいところ。

近4走連続して4角先頭
Photo_16

9頭立てと頭数は少なく、人気は5番バンドワゴン、1番トーセンスターダムの2頭に集中。券種選択、買い目の絞り方、金額配分を巧くしなければ、当たっても儲からない。シルクロードSのように巧く買い目を組み立てたい。

シルクロードSの買い目
Photo_2

結果は → 成績新聞

2014020911r

<京都11Rきさらぎ賞の結果>
1着.1番トーセンスターダム(2人気)
2着.5番バンドワゴン   (1人気)
3着.3番エイシンエルヴィン(6人気)
4着.7番ピークトラム   (4人気)

11_4

サイト | BLOG | メルマガ