■阪急杯を攻略するツボ■

阪神のメーン・阪急杯を分析。

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の前後半の平均は34秒1-35秒5、前半の方が1秒4も速いにも関わらず、4角5番手以内が4勝をおさめている。

過去5年で4角5番手以内が4勝
Photo_21
*画像はPC版の【コメント新聞】 の上部

13番ダノンシャークは東京新聞杯を見送って、ココへスライドさせての参戦。近走は「ハイブリッド指数」《70》超えを連発して、今がピークの状態か。あとは開幕週の馬場で外枠をどう克服するかに掛かっている。

「ハイブリッド指数」《70》超えを連発

Photo_22

13番ダノンシャークとは対照的で、絶好枠を引いたのが1番コパノリチャード。スワンSを逃げ切り勝ち。前走は控えて折り合いを欠いたので、今回は何が何でも先手を奪う構えか。馬場も荒れ馬場より、開幕週の絶好馬場の方が向く。

レース特記=「行たがる」「荒馬場△」
Photo_23
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番ガルボは阪神C2着、京都金杯3着と連続して好走。3年前のこのレースは2着に入っており、冬場は本当に走る。

「ハイブリッド指数」=《70》前後
Photo_24

7番レッドオーヴァルはマイルCS以来の参戦。スワンSで4着に入っているとおり、距離はマイルより、1400mが向いている。今回の7番枠は枠的にはギリギリのところか。

レース特記=「内枠○」

Photo_25
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番ラトルスネークは近4走中で上がり最速が3回、上がり2位が1回。ラストは確実によい脚を使うので、あとは馬群を捌けるかがカギ。

近4走中で上がり最速が3回
Photo_26

「ハイブリッド指数」は13番ダノンシャークが1頭だけ抜けて高い。ただし、開幕週の外枠を克服できるかが微妙。その他の2番手以下は「基準ハイブリッド指数」の《68》前後で大混戦。

「ハイブリッド指数」は2番手以下は大混戦
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】


結果は → 成績新聞

2014030211r

<阪神11R阪急杯の結果>
1着.1番コパノリチャード (2人気)
2着.6番サンカルロ    (8人気)
3着.7番レッドオーヴァル (5人気)

11_2