■デイリー杯2歳Sを攻略するツボ■

Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で09年リディル(1着)、10年レーヴディソール(1着)、11年ダローネガ(2着)、13年アトム(2着)と「上がり最速馬」が4連対。勝ち馬の4頭までが上がり2位以内をマーク。直線が長い京都の外回り戦らしく、速い上がりが要求されるレースとなっている。

過去5年は勝ち馬の4頭が上がり2位以内
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

9番アッシュゴールドは2戦目の未勝利戦で上がり最速をマークして快勝。

上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
1

全兄オルフェーヴルと同じく気性面が課題ではあるが、強烈な瞬発力を秘めているのは間違いない。

馬特記=「上が速○」「気性幼い」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

人気を分け合うのが2番ナヴィオン。初戦で上がり2位を0.8秒も上回る上がりをマーク。3戦目のききょうSで上がり最速をマークして2勝目をあげた。

初戦、3戦目で上がり最速
3

上がりの32~33秒台の瞬発力勝負は得意としている。

レース特記=「上が速○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

福永Jはこの舞台で複勝率が《44.3%》と高く、浜中J、岩田Jを凌いでいる。

該当コース騎手成績
1_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「推定後半3ハロン」は1位。現時点では9番アッシュゴールドより、末脚はコチラが上か。

「推定後半3ハロン」1位=2番ナヴィオン
11_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「推定後半3ハロン」2位は1番ケツァルテナンゴ。初戦のレースラップのラスト2F10.8秒-11.3秒が秀逸。2戦目の中京2歳Sも制して、デビュー2連勝を飾った。

レースラップのラスト2F10.8秒-11.3秒
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

今回は3ヶ月の休み明けで仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

京王杯2歳Sの【直前情報】
3_7
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

1番アルマワイオリはもみじSを4角12番手から、上がり2位で差し切り勝ち。「ハイブリッド指数」=《50》だから、人気上位馬にも全く見劣らない。

「ハイブリッド指数」=《50》

6

結果は → 成績新聞

Hb_6

<京都11Rデイリー杯2歳ステークスの結果>
1着.8番タガノエスプレッソ(5人気)
2着.9番アッシュゴールド (2人気)
3着.2番ナヴィオン    (1人気)